てらさふ   

朝倉かすみ著『てらさふ」を読む。

『肝、焼ける』『田村はまだか』の朝倉かすみさん、自分と同世代で、デビューは決して早いとは言えない朝倉さんに、勝手に親近感を覚えていました。
力のある、予定調和ではない小説に好感もあって。

これは、昨年発表された小説。
Twitter文学賞で、朝倉さん自身がこの小説に投票してました。
『てらさふ』朝倉かすみ 文藝春秋 自作。いままで書いたもののなかでいちばん好きだった。でも多くのひとに読んでもらえなかった。ちょっと絶望した。
というコメントで。
それで読んでみました。

北海道のオモタイという町に住む中学生、弥子。
大人からみれば、よくいがちな、十代特有の自意識肥大症を患っているとも思える彼女ですが、「なにかをやりたい」弥子の前に、「どこかへ行きたい」転校生ニコが登場して、ふたりの脳内世界が、実際に外に動き出します。

モノを書くということに才覚を示す弥子は、偶然見つけたある女性の昔の文学賞の応募作品を、ニコを世に出すプロデュースに利用します。
それはどんどん上手く行き、やがてニコは・・そして弥子は・・という物語。
(↑なんだ?この下手なあらすじ紹介的な文章は!)

う~ん。
力作だし、時折、心に響く箇所もありましたが、正直言って、好きな小説ではなかった。
なんでだろう。
朝倉かすみさんの小説はどれもある種の「意地の悪さ」があり、それが魅力になっているように思うのですけど、それはあくまで、どうしようもない、市井の人間の弱さ、哀しみをバックボーンにしてる気がします。
でもそのバックボーンがこの小説には感じられなかったからだろうか。
いや、違うかも。

もしかしたら自分は、「十代」とか「少女」特有の思考形態に理解が足りないというか、あまり理解しようとしていないのかもしれない。

きな臭いエンディングに対しても、ただただ後味の悪さを覚えてしまった自分は、結局、弥子を肯定することなく、最後まで否定し切ってしまったのかなあと思った。

タイトルの「てらさふ」は、自慢する、みせびらかすという意味だそうです。
衒さふ。
私はてっきり「照らそう」だと思ってました。
a0099446_8272599.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2015-02-28 23:57 | 読書

<< すごい私たち!? 敬語で旅する四人の男 >>