衣もろもろ   

群ようこ『衣もろもろ』を読む。

失礼ながら、群さんがこんなに洋服(ときどき和服)のことを考えている人だと思わなかった。

典型的な日本人体型の中高年にとって、洋服を、おしゃれを納得して自分のものにすることがいかに難しいか、繰り返し書かれている。
あまりにまっとうで、ある意味正論で、エンドレスで語られる感じなので、「もういいよ!」と言いたくなるくらいだった。
でも、ほとんど群さんの言うとおりなんだよなあ。

私なんて、いいトシして安物ばっかり身につけていて、なんだかなあと思う。
実は、洋服やおしゃれについて考えることは嫌いじゃない。
でも、考えれば考えるほど、ドツボにハマる。
だからつい、刹那的に、まあいいやと思ってしまう。

この本を読んだからといって、きっと私のそんな日々は変わらない。
でも、ちょっと自覚的にはなったかも。
それと、みんな悩んでるのねーと。
a0099446_20542683.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2013-12-14 22:47 | 読書

<< Q展 持ってる二人 >>