<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

2014年総括 ビッグバンセオリー BAZINGA!!   

一年前の年末の夕方、そのときは退院していた義母が不調を訴えた。
電話で近隣の救急病院を探したのに埒があかず、結局、入院して手術して退院して再入院した病院に時間外で駆け込んだのだった。
大事にはならなかったのですけどね。
帰ってきたら、空腹のあまり目が回ったっけ。

去年は本当にいろいろあった。
義母ひとりだけでも、四半世紀あまり一緒に暮らしていた期間のアクシデントを全てひっくるめた以上のことがあった。
そのうえ、秋には、浦和の自宅から大宮の老人ホームに移り、一年後に大宮の病院に入院した父親(ろくでなし)が亡くなり、義父も夏に具合が悪くなり、緊急検査をしたりした。

自分自身を振り返っても、春に職場を追われ、一日も間を開けずに某区の教育委員会の事務のフルタイムのアルバイトを始めたものの3ヶ月で辞め、夏以降はとにかく老親3人の間を日々ぐるぐる動き回っている感じで、疲れ、やさぐれ、自分もガン検診で引っかかって暗くなり、なんだかもう、と思った。
それに比べれば、今年のなんと平穏だったことよ。

5月の上旬に最後の退院をした義母の足腰は全然良くなっていないし、義父も黄斑変性症を繰り返し、今年だけで3回目の注射治療をしたし、自分も、4月後半から、小学校の図書室という、今までに足を踏み入れたことのない未知の場所でパートを始め、まあ、いろいろあったといえばあったのだけど、去年に比べれば、ジェットコースターと山手線に乗ってるぐらい違う(喩えが意味不明)。

そんなわけで、今年の終盤・・11月下旬からこっちは、正直、海外ドラマ「ビッグバンセオリー」を見ていた記憶しかない。

現在はシーズン5まで見終わり、またシーズン3の途中から見直し中。
この部分はCSに録画できたので何度でも見返すことができるのだ。
うふふふ。

かなりハマってるみたいです、私。
主要メンバー5人(途中から2人増え、シーズン5の時点では7人)のエピソードを見るのがもう習慣化して、シリーズ5までが終わってしまい、続きを見ることができないのが淋しくてたまらないレベル。

私は英語がまったくダメだけれど、英語版で必死に字幕を追って見ています。
吹き替え版の方が、情報がすんなり入ってきていい、しかもこのドラマの吹き替えはレベルが高い、というコメントも漏れ聞き及ぶけれど、吹き替え版じゃ全然面白くないんだよなあ。

内容はよくわからなくても、早口でやりとりされているいまどきの、マニアックであけすけで、でもわりと礼儀正しくもある若者の会話のリズムが心地よい。
たとえ皮肉が含まれてたりすることがあっても、エクスキューズミー、エクセレント、サンキュー、イグザクトリー、ソーリー、ハーイ、が多用される日常会話が心地よかったりする。

登場人物の中ではやっぱり私もシェルドン、シェルドン・ク-パー博士推しだ。

IQはバカ高いのに(だから?)、コミュニケーション能力に問題がある、アスペルガー説は製作者側から否定されてはいるもののその疑いが取り沙汰されるシェルドンがメチャクチャ魅力的だ。
他者を蔑み、自己主張を押し通す最低のヤツで、実際に近くにいたら殺意すら抱くかもしれないけど。

同じIQが高く、シェルドンと同じ大学で研究をする、でもシェルドンよりは格段に常識人の同居人レナードとその友人たちのおかげで、少しずつシェルドンが他者を受け入れていく過程がすごくいい。

そんなシェルドンが、ふざけたり冗談を言ったりしたときに言うのが
BAZINGA!!
なんちゃって、みたいなものか。
このTシャツ、欲しい!
a0099446_923599.jpg

a0099446_9232919.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-30 23:08 | テレビ | Trackback | Comments(0)

ローインパクト   

大掃除、してません。
今日も今日とて、時間はあったものの、掃除関係には見向きもせずに午後からスポーツクラブへ。
今回のお試しコースは、年内は今日までしか使えないからな、と自分に言い訳して。

今日は
①ストレッチを念入りにやった後、室内トラックを7周(630メートル)歩く
②ローインパクトエアロ(45分)に参加。

ローインパクトエアロは、その名のとおり、インパクトが少ない、ぴょんぴょん飛び跳ねないエアロビクスで、その昔、私がエアロビクスをやっていた頃、1980年代からすでにありました。
両方の足が同時に地面を離れないのがローインパクト、という括りでいいような気がします。
当然、カロリー消費はジャンピング、ランニングステップの多いハイインパクトの方が多いわけですが、膝や腰を痛める危険性もあるし、なにより、若くない身にはローインパクトが味方。
ローでもけっこう汗をかきます。

そうそう。
一昨日のラテンエアロもほぼローインパクトでした。
汗だくになり、その夜の体重はここひと月ではいちばん少ない数値だった・・けれど、昨日友達と神保町の中華料理ランチをみっちり食べ、その後、友達の事務所にお邪魔してお菓子を食べコーヒーを飲みながらおしゃべりし、家に帰って夕食もしっかり食べたら、一日でまた体重は戻っていました。
あっけない、というか、素直なり我が身体!?

そんなわけで、スポーツクラブに正式に入会手続きをしました。
お試しコースの料金がキャッシュバックされ、マツキヨの商品券をもらいました。
そしてリアルドラフトの「超高濃度水素水」というのをもらった。

疲労回復に効果があり、肌もすべすべになって、新陳代謝がよくなるらしいですぜ。
福岡ソフトバンクホークスの選手はみんな飲んでるらしく、今年は日本一に。

次々にいろいろ出てくるなあ。
とりあえず、飲みますよ、そりゃあ。
[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-28 21:47 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ワーカーズ・タイジェスト   

津村記久子『ワーカーズ・ダイジェスト』を読む。

今年はホントに、津村記久子さんばかり読んでいた印象。
最後(たぶん)も津村さん。

これも良かった。
表題作と、「オノウエさんの不在」が収められているが、どちらもグッとくる。
この、ウソくさくない世界はなんなんだろう。

全然ポジティブじゃなく、どちらかといえばネガティブに思えるのだけれど、なんだかじわじわと励まされる。

会社という組織の理不尽さや残酷さやアタマの悪さや停滞っぷりや時代錯誤感、そしてそこで働くことのキツさ、諦め、ちょっとした風穴、などなどが、大きな事件ではなく、日々のルーティンを軸に描かれているのだが、読後感が清々しい。

具体的にはなにも解決していないし、登場人物に特に爽やかさは感じないのだが、だからこそ、みんなそんな風にがんばっているのだなあと心強く思うのかもしれない。

津村さんの小説を読むと、特に専門知識を持たない事務職や営業職が肯定されている気がするのだきっと。

お茶を入れたり、コピーをとったり紙やトナーを入れ替えたり、数字の入力、電話の応対、ちょっとしたお使い、備品の管理、集金、支店や業者さんとのやりとり、新人や派遣社員の指導、苦情受付、出張の手配、冠婚葬祭や親睦会のあれこれ、交通費の精算、などなどの、専門職や技術職では決してメインではない、これといって名前のない仕事の価値を、認めてもらったような、、あらためて認めようと思い直すような、そんな気持ちになる。

それが高じて、そういう仕事を自分が経験してきて良かった、その職種特有の理不尽さの感触を実際に知っていることはいいことだ、とすら思える。
だからこそ、今の自分がいるのだ、ぐらいに。
a0099446_204940100.png



今日のスポーツクラブ。
①準備体操後、ラテンエアロ(1時間)を初体験。

汗だく。
意外とバテなかったが、中盤からはステップがよくわからず。
飛び跳ねたりはしない、ローインパクトの動きだが、1時間、ほぼノンストップでステップを踏むので、かなりの運動量だと思う。
ただ、黙々と走ったり自転車を漕いだりするよりは楽しいかも。

しかし、ラテンエアロってやたら腰を振るのね。
続けたら、さぞやくびれるだろう。
[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-26 20:50 | 読書 | Trackback | Comments(0)

冷えと運動   

24日で私の今年の仕事は終わりでした。

しかし職場が寒い。
2校どちらとも、暖房を入れて、温度を上げても底冷えがたまらない。
世界でいちばん寒いのは学校の図書室ではないかと思う。
靴下を重ね履きしても全然ダメだ。
以前働いていた区立図書館もかなり底冷えがすると思っていたが、今思えば生易しかった。
カチンコチンになった身体は夜まで解けず、お風呂で解凍しないと眠れないレベルだ。

それなのに、子どもたちは、頭がおかしいんじゃないかと思うほど薄着だ。
図書室に入ってくるとこぞって「ここはあったか~い」と言うから、教室はもっと冷えているのだろうに、クラスに数人は半袖(のバカ)がいる。
11月の下旬ぐらいはいちいち「半袖?!寒くないの?」と聞いたりしていたが、もうやめた。
人種が違うのだ。
よく、浅草とかでアングロサクソン系っぽい人が、かなり寒いのにタンクトップなどで観光しているが、そういう感じがする。

今日もスポーツクラブへ。
備忘録として記録。

①スタジオでボディメイクレッスン。
これは30分で、体幹トレーニングというか、ストレッチの軽いやつだった。
足に指サックみたいなのをかませ、足の指をひらかせた状態で30分続行。
ヨガより動きが少ないせいか、足が冷えてちょっと辛かった。
私は本当に重度の冷え性だなあ。

②1周90メートルの室内トラックを、歩いたり走ったりして14周。
前回より4周増やした。
自分に負けず嫌いっていうか、こと運動は、前回より回数を増やしたいタイプなのだ、私。
それにうんざりして、やる前に疲れた気分になることもままある。
自縄自縛、みたい。

③バイクも前回より増やし、22分5.5キロやった。
息が上がるというより、少し気分が悪くなった。
すぐに治るけど。
要するに、「疲れる」という感覚が「なんか気持ち悪い」なのだ。
自転車をこぎながら、テレビ東京の「ホームアローン3」のラストを見た。
面白かった。
[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-25 17:42 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

銀座   

銀座に行ってきた。
到着したのは昼前だったが、すでにすごい人出。
でも東銀座方面の裏通りに入ったら人がまばらになった。
福井料理のお店でお昼。

久々のメンバーで話し込んだ。
楽しかった。
a0099446_17162169.jpg

a0099446_17184217.jpg
教文館書店は毎年恒例のこれ。


a0099446_17193021.jpg
メインは、ミキモトのツリーを見ること、だったが、こっちのインパクトが凄かった。
ブルガリの白蛇。
正直、悪趣味だと思った。



a0099446_17205767.jpg
夕暮れの空がキレイだったが、大勢の人はみなクリスマスツリーを撮るばかりで注目されてない。
しかも、自分のこの画像では美しさが伝わらん。
まあ、いいけど。



a0099446_17241835.jpg
一応、今回のメインのツリーも。
[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-23 23:12 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

私のスポーツクラブ半生記   

近所のスポーツクラブYに再々入会・・正確には入会のためのお試しコースに申し込んだ。

Yに最初に入ったのは、オープンしてしばらく後の1980年代後半。
私も20代でした。
5~6年は通っただろうか。
その前は当時勤めていた会社の健保のトレーニングセンターで、エアロビクスや縄跳びをやっていたのだけれど、Yでは主に、筋トレとエアロバイクをやった。

一時期はかなり本気で通っていたのだが、あるときから「場」に飽きちゃって、インストラクターや常連会員に親しく声をかけられるのもめんどくさくなり、駅前に当時新しくできたコナミ(最初はエグザスという名前だった)に鞍替えした。

でもそこは月曜日が定休日で、途中で月曜日に休みが多い仕事に転職したり、テニススクールに行くようになったのでやめて、でもテニススクールは移転してしまい、運動不足を痛感したので、Yに再入会した。
40代になってからだ。

二度目の入会は、ヨガやピラティス狙いだった。
3年ぐらい通ったかなあ。
区立図書館の非常勤をやっていたので、平日の方が行きやすく、平日会員になったが、休みが不定期だとなかなか回数は行けず、そのうち、新館準備の仕事になり、忙しかったことと、そこは休みは土日中心だったので、すっかり足が遠のいて退会した。

退会した2週間後ぐらいに、ふつうに歩いていて足を骨折したわけですが。
あれから4年半か。
早いなあ。
ん?早いのかなあ。

今回は血糖値を下げることを目的の入会。
年齢と共に、入会理由もきちんと(?)加齢に則しているなあ。

スポーツクラブには行っていなかった4年半、ヨガはちまちま続けていたのだけれど、最近は運動不足だなあと思っていた。
そして健康診断でまた血糖値を指摘され、問診の担当医に「どうすりゃいいっていうんですか」と泣きついたところ(おおげさ)、クールに「やはり運動ですね」と言われた。

じゃあ、やってやろうじゃないの。
本当はウォーキングが安上がりだしいいのだけれど、年明けから5月ぐらいまで、花粉症で外にあまり出なくなる十数年を過ごしているので、再々入会の道を選んだ。

そんなわけで、お試しを利用して行ってきた。
内容は
①ウォーミングアップに、1周90メートルの室内トラックを、歩いたり走ったりして10周。
②ストレッチ後、ヨガのクラス(1時間)に参加。
③エアロバイクで18分4.6キロ。

初日はこんなもんすかね。
さしあたっての目標は、1.5キロ増えたまま戻らない体重を前の数値にすることだ。

そうそう。
Yのトレーニングルームの内装は4年半前と変わっていなくて、部屋の明るさも同じ感じだったので、そこの鏡に映る自分は、4年半という時間以外は条件が同じ、定点観測されてる人、みたいだった。

その時間分、順調に老けてる。
当然だけど、ガックリだ。
特に、ストレッチで、顔を倒したり斜めにしたときの顔面のたるみがハンパねえ。

いやあ、現実を突きつけられたぜ。現実は厳しいぜ(なぜか、どんどん言葉がワイルドになっちまった)。
[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-22 16:32 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

猫を抱いて象と泳ぐ   

小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』を読む。

しょっぱなからナンですが、村上春樹より小川洋子の方がずっとスゴイと思います。

正確な文脈は忘れましたが、以前、豊崎社長がtwitterで「どんなに断定的な書き方をしても、個人の見解は主観でしかない。それはあたりまえの大前提なのだから、いちいち『自分にとっては』とか、『思う』とか書く必要はないし、書いていないからと言ってナニサマだ!と目くじらを立てるのはおかしい」というようなことを言っていて目ウロコでした。
だからあえて断定的に大文字で書きます。

小川洋子の方が村上春樹より優れた作家だ。

どうして、このふたりを比較するのかというと、描こうとする世界に共通のものを感じるからです。

現実と似ているけれど明らかに違う、作者の脳内で格別な篩(ふるい)にかけられ、変換され、価値観や倫理観、時に法律や社会のしくみも唯一無二のものにとってかわった世界、という意味でも似ていれば、その変換方法も途中まで近いものがあるなあと思うのです。

でも、私にとっては、村上春樹さんのそれより小川洋子さんの方が、ごまかしてない気がする。

村上春樹はごまかしてるのか、というと、必ずしもそうではないのですけど、彼にとっては小説の肝になることが多い性や悪意、または独特な不条理に幻惑され、読んでいる最中はなんとなくその世界の磁場に絡め取られて腑に落ちても、読後しばらく経つと、「結局なんだったんだあれ?」と思ったりすることがけっこうあります。

その世界の磁場に絡め取られることは小説を読む醍醐味でもあるのですが、時に覚めた(冷めた)とき、違和感を覚えたりする。

小川洋子さんの小説にはそれがない。

今回の小説も、チェスという、自分には全く未知の世界が描かれ、アリョーヒンというロシアの実在の人物がモチーフとして物語の中枢を担っていて、幻惑される要素はてんこ盛りで、実際、自らの成長を止めたという意味では「ブリキの太鼓」的なリトル・アリョーヒンの存在も、マスターもインディラもミイラもお祖父さんもお祖母さんもみな現実離れしていて、唯一、地に足がついているのは弟だけ、という印象だったのですが、不思議と幻惑された感じではありませんでした。

自分の描きたい、描くべき世界に真っ向から挑んでいるなあという、静謐だけれども力強い「意思」を感じ、圧倒されました。
終盤は落涙。

いい小説でした。
a0099446_173994.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-21 17:44 | 読書 | Trackback | Comments(0)

桐島、部活やめるってよ   

映画「桐島、部活やめるってよ」を見る。

原作は読んでいない。
映画も、映画館に足を運んだわけでも、TSUTAYAで借りてきたわけですらなく、CSのをなんの気なしに録った。
この映画、数年前に話題になってなかったっけ?
ああ、「あまちゃん」のユイちゃん(橋本愛)と、「ごちそうさん」の悠太郎さん(東出昌大)が出てるのか、という程度の予備知識。
監督も知らない人だったし、神木隆之介クンは雑誌やネットでそのビジュアルは知っていたものの、役者としては「千と千尋・・」の坊の声、としてしか、その存在を知らなかった。

これが・・なんかすっごく良かった。
高校生ってナマモノだ。
自分がやっていたときだってそうだったのだけれど、振り返るとよけいにそう思える。
傷みやすいし、加工前の可能性は計り知れないし、くさいし、食べ合わせでいろいろ起きるし、時にグロテスクだし。

昨今、身近に高校生がいないし、彼ら彼女らがどんな高校生活を送っているのか想像しきれなかったりするが、この映画を見て、なぜか「これこれ!」と思った。
知りもしないくせに、すごく腑に落ちた。

求めることと拒絶することを同時にやってるんだよなあ、高校生は、いや、人は皆か。
それを意識的ではなく、かといって無意識でもなく、立場や役割として演じるというか、軌道に乗っかってて、でも違和感がないわけじゃなく、声高にもなれず、地に足が着いていないまま、日々を送ってしまいがちなのではないだろうか。
日常こそが緊張感があって、非日常に安堵する、みたいな。
全然うまく言えてないけれど。

とにかく、同じ時間事象を、違う視点から繰り返し描く手法にやられた。
こういうの、大好きなのだ。

東出クン扮するモテ男子宏樹の彼女役、「あまちゃん」にも出てた松岡茉優がよかった。
性格の悪い女子。
いそう。
こういう女子がかなりの数の高校生の生活に暗い影を落とすんだよなあと思わせる。
そしてやはり、映画部前田の神木隆之介と、宏樹を好きな吹奏楽部部長の大後寿々花は芸達者だった。

ラストの屋上の大乱闘シーンは素晴らしかった。
a0099446_14123071.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-17 14:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)

深川散策   

12月12日、深川散策。

まず清澄白河駅近くの「深川江戸資料館」へ。
江戸的なものは好きだけれど、区の施設だし・・と期待度はふつうだったが、裏切られた。
いい意味で。
思っていたのより10倍ぐらいは大掛かりで、100倍ぐらいお金をかけてる感じがした。
江東区、お金持ちなのか?!みたいな。
だったら小学校も・・以下自粛。

平日で来館者が少なめだったこともあってか、入るなりボランティアのガイドの人がすかさずやってきて、ずっとガイドしてくれた。
入口のすぐ近くの屋根にネコがいるのだけれど(もちろん本物ではない)、それが定期的に鳴く・・のかと思いきや、センサーが作動して、人が入ってくると鳴いてお知らせするらしい
その鳴き声でガイドさんがやってくるシステム・・・ということを後でガイドさんに聞いて知った。
a0099446_1018542.jpg



江戸の深川の町が再現された館内は、とにかく、家の中に入っても、モノを触っても、引き出しを開けても、写真を撮っても、全てOKというのがすごく麗しい。
触ることを想定してるせいか、作り物の、たとえば野菜、こんにゃく玉、の手触りもわりと本物に近くて、リアリティがあって面白かった。
a0099446_10201825.jpg



商家、職人の家、川べりの船宿(宿というより休憩所)、蔵、屋台の蕎麦屋、お茶屋(違う呼び名だったかも)、火の見櫓、長屋、トイレ、ゴミ捨て場、などなどまでが緻密に再現されていた。
a0099446_2053526.jpg


ガイドのオジサマの「教えたい!」「言いたい!」の前のめりな姿勢が、来館者によってはどうなのか微妙だけど、ただ館内を巡るのとは違って、小さい草履や「久松るす」のお札の意味、船宿の台所が意外に狭いこと、厠の扉が関東と関西では違うこと、などを教えてくれて楽しかった。

後半、あまりに空腹でちょっと上の空になってしまって、申し訳なかった。


深川名物の深川飯(炊き込みご飯の方)を食べた後は、深川東京モダン館へ。

ここは、昭和のはじめに東京市深川食堂としてオープンしたところだそうで、現在はこのあたりの観光案内所の役目を担っているらしい。
「モダンな食堂」は土日のみの営業だそうで、垣間見ることはできなかったが、建物がオシャレで、階段などもステキだった。
a0099446_20595039.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-14 21:00 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

健康診断と1990年頃の好きな顔ナンバー1の芸能人について   

雨で暗い一日だったけれど、昨日に比べて寒さは和らいだ感じ。
昨日は寒かった。
木曜日の学校に振替出勤だったが、暖房をつけても底冷えは解消されず、身体の芯がガチガチになってしまった。

学校って寒いのだなあ。
去年の春までの職場も、川べりで、作業室には窓もなく、風の音も相まって「ここは越冬基地かよ!?」と思う寒さだったけれど、デカいコンクリートの箱の学校の寒さはまた格別。
子ども達は全く平気そうだけど。


思えば、自分も小学生の頃は、寒いのなんてへっちゃらだったな。
福島市はとにかく西風が強かった。
北西にある吾妻山から吹いてくる風は吾妻おろしと呼ばれていて、北西方向に4キロの距離の中学に通っていた私は、中1のときは毎朝の自転車通学が辛くて、1時間目の授業ぐらいまでは力尽きてた。
通学路は田んぼの中の一本道で、周囲に風を遮るものは皆無、今思うと、中学方向が若干登りだったような・・。
マジで、中学生になったら太ももが逞しくなったのだった。
身体が小さくて、好き嫌いも多くて、虚弱だったけれど、あの中学生活があったから、その後はけっこう丈夫になった気さえする。


そんなわけで、今日は区の健康診断に行ってきた。
去年は、基本検診と一緒に受けた肺癌検診に引っかかってトラウマになりそうだったが、なんとか年内に間に合った。
もっとも、今回は肺癌検診はなし。
10月に呼吸器専門のクリニックでレントゲンを受けて、とりあえずのお墨付きをもらったので。

血糖値、上がってはいなかったが下がってもいなかった。
相変わらずのグレーゾーン。
でもまあ、去年より体重が増えているので、実は血糖値も上がっているかと心配していたので、よしとしよう。
コレステロール、中性脂肪はなぜか全部下がっていた。
体重の増減が生活習慣病の値と直に連動しているわけではないのだな。
でもとにかく私は血糖値が懸案だ。
もうこの状況は長い。
気をつけているつもりなのだけれど、と問診の医師に訴えたら、「だから横ばいなのかも」とのこと。

母親も血糖値が高かったのだろうか。
あまりきちんと健康診断を受けていなかったようなのでよくわからない。
もう今となっては。

それにしても、去年も書いたかもしれないけれど、検査終了時に自分の結果が冊子になって渡される(心電図は後日だけど)区民検診、なかなか優秀だ。
一昔前までは、近くの学校の体育館とかに受けに行ったものだけど。
隔世の感あり。


明日、更新の「いどばた。」がらみで、youtubeでいろんな曲を聴いていたら、「愛が生まれた日」に到達(?)。

藤谷美和子、どうしているのかなあ。
精神を病んでしまっているらしいと聞いてから、もう何年にもなる気がするが、ハタチぐらいのとき、千駄ヶ谷付近で見かけた藤谷美和子は本当にキレイで、肌も透き通るようで、圧倒された。
当時、彼女はまだ十代だったと思うけれど、一度見かけたことで、なんとなく注目していて、その後の活躍を好ましく思っていた。
そして、1990年頃は「好きな顔、なりたい顔の芸能人ナンバー1」だった。
「愛が生まれた日」で知った声も好感が持てた。

芸能界にいるには繊細過ぎたのだろうか。
[PR]

by kuni19530806 | 2014-12-11 17:35 | その他 | Trackback | Comments(0)