<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

  

職場の荷受場(形状は倉庫)に猫が入り込んだ。
毛はぼっさぼさで、痩せてて、見るからに年老いて具合悪そうで、目なんてほとんど開いてなくて、10歩歩くと疲れて立ち止まってしまうような、くたくたな猫。

最初は職場の裏口のドアの前にいたのだが、荷受場の開いたシャッターから中に入ってきた。
猫は中をゆっくり巡回し、私達が差し出す水やウエハース的なお菓子のかけらには目をくれず(水なんて容器をまたいだ。久々に目の当たりにする猫またぎだった)、同僚の方々が作った即席簡易休憩寝床にも立ち寄らず、私達の「なに?なにがしたいの?」の質問にも物言いたげなのに何も言わず、しばらくすると出て行った。
その後、職場の正面玄関の方に回り中に入ろうとしたようだが、さすがにそれはさせられず、阻止されたらそのまま立ち去った、らしい。

明らかに人慣れした猫。
でも私の予想ではノラで、昔、飼われてた過去あり。
どういう状況であのくたくたになったのかは定かではないが、今回のうろうろの理由は察せられる。
死に場所を探していたのだ。
途中から気づいて、同僚のみんなもたぶん気づいて、でも猫好きな面々はそのままが忍びなくて心配してしばらく様子を追っていたけれど、私は気づいた後は「そっとしとこ」と思った。

猫は飼ったことがないが、今まで迷い猫3匹のめんどうを見たことがある。
3匹ともものすごく人懐こくて、そのうちの1匹のシャム猫は特に、毎朝私がベランダの扉を開けるのを待ち構えて家の中に入ってくるようなヤツだった。
気がつくと家人誰かの隣に寄り添い、数年間ほとんど飼い猫状態で、でもそんな気質だから近所の家の心も軒並み鷲づかみして、それぞれの家からミミとかラブとか呼ばれてた。
うちは「トラキチ」と呼んでた。
命名者は私ですけどなにか?
しかも♀ですけどなにか?
町内会でこぞって可愛がっていた感じだったが、宿泊先は我が家のベランダに置いた古い戸棚の中、と決まっていた。
2~3年は居ただろうか。

トラキチも、その後に迷い込んできたトラキチ2号も、具合が悪くなるとひっそり家を出て行った。
トラキチは本当に具合が悪そうなまま居なくなったのでずいぶん探したが、見つからなかった。
しばらくして、ご近所から「ミミ(だかラブ)らしき猫が川原で死んでいて、保健所が持って行った」と聞かされた。
悲しかったけれど、あっぱれ!と思った。

もう20年近く前になるそのことを今日ありありと思い出した。
今日のくたくた猫も、足さばきはおぼつかないし、トラキチのような目やにと目ダレ(?)満載の目周りだったが、やけに威厳があった。
人との距離も、媚びるというより同等な感じ?
くたくたなのに、すくっとした立ち姿に映った。
死を覚悟した動物は崇高に見えるのかもしれない。
もちろん、人間も動物です。

くたくた猫が無事でありますように、と私は願わない。
ちゃんと落ち着く死に場所が見つけられますように、と願います。

・・なあんて、ここまで書いたのにくたくた猫はまだまだ健在だったりして。
そしたら自分の勘違いに感謝しよう。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-10-14 23:52 | その他 | Trackback | Comments(4)

のんびりした休日   

久しぶりに家から徒歩15分の距離のお気に入りカフェに行った。
このカフェ、駅から遠いし、住宅街に埋没していて目立たないことこの上ないし、コーヒー1杯五百円強だし、ランチメニュー的なものはないし、近くに会社とかもなさそう・・なのに、いつ行ってもけっこう繁盛している。
常連さんが多そう。
なにより、コーヒーが美味しいんだと思う。
そして、お店に清潔感がある。
手入れやお掃除が行き届いている、という意味での清潔感。
ことさらいまどきの流行りカフェに迎合していないのも私にはポイントが高い。
カフェの本とか好きでよく見てるくせに(今日も「街とコーヒー」特集のクウネルを買った。クウネルを買ったのは初めてかも。マガジンハウスの雑誌だったのね)、見過ぎたせいか、いかにも雑誌に取り上げられる感じのカフェにちょっと食傷気味。
全く!買ってて言うな、だよな。
秋葉原のアカシヤは好きですけど。

先日行った谷中のカヤバ珈琲は、建物的にはとってもステキだったけど、特に居心地がいいとは思わなかった。
きっと、先代の頃は建物を古さをことさらウリにせず自然にやってて、すごく魅力的なお店だったんだと思う。
けど今はちょっと昭和レトロ感があざとい気がした。
女性従業員も妙にアーティスティックな感じだったりして。
あの建物をきちんと保存して、それを「見せ続ける」最適な方法が今の形式と雰囲気なのだろうとは思うのだけど。
繁盛してたし。
でも私にはちょっとおしゃれ過ぎた~。

その点、我がご近所のカフェはおしゃれ過ぎない。
ぼおっとしててもよけいな情報が入り過ぎない、という意味で居心地がいい。
女性オーナーにも気取りがない。
キビキビしてる。
し過ぎなくらいだ。

お散歩の途中、緑道でカメが甲羅干しをしてた。
覗き込んだら「なんだよ!」と睨まれた。
ホントです。
携帯で写真を撮ったけど、うまく撮れなかった。
やっぱ、携帯、変えようかなあ。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-10-10 23:17 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

東京観光   

現在の自分の年齢は、自分が親元を離れて東京に出てきたときの母親の年齢と同じだ、と突然気づいた。
気づいた・・っつったって、ふつう、そんな風に親のトシと自分のを重ね合わせたりしないかも。
でも私には、なんだか妙にインパクトのある発見だったんだよね。
そうか。
あのときの母親はこういう中途半端な年齢だったんだーみたいな。

長らく専業主婦をやって
夫がエリート銀行員(たぶん)から突如自分に断りもなく脱サラして
徐々に家計費も家に入れなくなって
しょうがないのでスペイン料理レストランの経理のパートに出て
慣れない毎日に疲れ切って家では横になってばかりいて
末娘の中学卒業を待ってとうとう離婚して
娘を連れて実家に帰って母親の経営する雑貨屋と下宿屋の手伝いをして
やっと落ち着いた頃に元夫が交通事故に遭いしばらく遠方の地で付き添い生活をして
地元の公立の短大に進学させたかった娘は「家政科に興味はない」から自力で東京の大学に行くと言って

そうか、そんな「歴史」を作ってきたのが現在の私のトシなんだ。

あと数年で、夫の母が嫁(私)を家に向かい入れた年齢になります、私。
自分がこれから、30才以上も年下で、しかも子どもでもない、よく性格もわからん女(実は性悪)と期間限定でもなく寝食を共にする、なんて想像がつかない・・っていうか、そんなの、気が進まない。

まあ、人生なんて想像がつかない、予測できない、できれば避けたい、なりゆきの連続ですけどね。

中島京子さんの短編集『東京観光』を読む。
面白かった。
さすがだ。
ハレのデキゴトでは決してないし、人に説明しても特に興味を持ってもらえないけれど印象深いことって毎日の生活にはけっこうある。
地味で面白味の少ないような日々の中で、ある日、ある時間だけ妙に「常識」とか「既成概念」がわからなくなるような、ちょっとラビリンスなのってある。
そういう小説だと思います。

しつこいけど、さすがだ。

a0099446_16213888.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2011-10-09 23:20 | 読書 | Trackback | Comments(0)

還暦パーティ、基本と本音の違い   

2日の日曜日は夫の師匠、山崎弘一さんの還暦パーティーが西荻のアケタの店であったので行ってきた。
いつものことながら、山崎弘一カルテットはなんとも渋い演奏でした。

よく山崎バンドと演奏をする山本ヤマさんという女性サックス奏者もパーティに来ていたが、もうすぐ大分に引っ越すとのことで、みんなと別れを惜しんでいた。
どこを切っても笑顔しか出てこないような人なので、別れのあいさつも満面の笑顔!
いでたちはファンキー。
引っ越す理由は原発のようです。
帰ってからヤマさんのツイッターを見た。
あらためて私達はとんでもない世界に来てしまったんだと思う。

本日の夕飯中に見ていたNHKニュースウオッチ9によれば(今日は遅番だったので遅ご飯でした)、岩手県の宮古市や釜石市のがれきの受け入れや受け入れ検討を表明した東京都や北九州市に対して市民が猛反発をしている、そうな。
そうかあ。
福島ならまだしも(まだしも、と書いてて悲しいですが)。

これに対して、大越キャスターがものすごく注意深く、「がれきの健康に及ぼす影響が未知数である以上、その受け入れを不安に思う地域住民の気持ちは十分に理解できますが、そのがれきと目と鼻の先の距離で現在も生活し続けている被災者が大勢いることも私達は忘れてはいけないと思います」と言っていて印象的でした。


ヤマさんがリツイートしたツイートに<「自分だけ助かればいいのか」って、そうだよ。それが基本だよ。日本国民の全員が、自分で自分を助ければ、それでいいんだよ。自力で何とかできない人を公的に助ければいいじゃない。自分のことは、自分で。まずは自分と家族。>とあった。
ツイートした人は流山から岡山に疎開している女性のようです。
大学院で発達や心理について研究していて自身も自然育児をしていると表明しているし、なんとなく「関東から疎開している、疎開したいと思っている一派のオピニオンリーダー」という感じがする。

私などと違って、原発や放射能について勉強し、疎開についても迷い、苦しみ、いろんなことを犠牲にし、それでも子どもの健康を第一に、と考え、踏み切ったんだと思う。
ちなみにこの発言は、給食を拒否して子どもにお弁当を持たせる親に対してあの小倉づらキャスターが放った「自分だけ助かればいいのか」というコメントに対する反発です。

そんなこんなの背景を想像すると、この人の一コメントに揚げ足をとるのはどうかという思いはあるし、リスクを回避するために別なリスクはきちんと背負っている人を批判したくはない、とも思うのですが、それでも、このツイートに言いたい。
間違ってる、と。

自分だけ助かればいい、を基本にしてはダメでしょう。
その自分には「愛する家族」を含んでいるのでしょうが、それを斟酌してもダメです。
自分だけ(自分と家族だけ)助かればいい、というのは基本ではなく、単なる本音であるべきです。

基本と本音は違います。
むしろ、建前と本音よりも違うと思う。
建前と本音には「正しさ」は求められませんが、基本は基本的に人間としてできるだけ正しくあるべきです。
それが現実的か否かはまた別として。

自分だけ助かるのはよくない、を基本にしなければ、町内会であろうと国家であろうと、共同体の存続は難しいと思う。
そうとなれば結局、他人も自分も助けられないのではないでしょうか。

私は、自分だけ助かればいい、と本音を吐く人は信用できますが、それを正しいこと、基本だと本気で思っている人は信用しません。
否定させていただきます。

同時に、自分のことは自分で、と声高に言うのも、基本と本音を混同しているのと同じくらい、私には危険に思えるというか、気持ち悪く感じられます。
こういう人の「自分」は時と場合に応じてクルクル形を変えるに決まっている。
なぜなら、拡大解釈や曲解がなければ、大の大人が「自分のことは自分で」などという宇宙を手玉にとる規模の(?)空恐ろしい発言は簡単にできないと思うので。
本当にそう思うなら無人島に行けば、みたいな(スミマセン、極論でした)。

被災地以外の、まだ余力のある日本国民が「自分だけ助かればいい」「自分で自分を助ける」を基本、と思った結果がれきの拒否です。
被害者(被災者ではなく)になるのは、被災地だけで十分だ、こっちまで被害を及ぼすなよ、論理です。
これを本音ではなく「基本」だと思っている証拠に、みんな堂々と拒否してる。
正しいこと、基本を言っている、という自信たっぷりだ。
本音という自覚があれば、もうちょっと申し訳なさそうに言うはずです。

この基本論理(!)で行けば、余力のかけらもない(と思う)宮古市や釜石市に「迷惑だから自分のがれきは自分で処理しなさい」と言うことになります。
あ、もう言ってるも同然か。
大越キャスターのコメントがあらためて心に沁みます。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-10-04 23:46 | その他 | Trackback | Comments(4)

石川直樹三連発!   

今日から10月もう10月。
とたんにキンモクセイが香り始めた。
柔らかい秋の芳香は私の中では、金木犀というよりキンモクセイ。
キンモクセイの香りは平和が似合う。
平和じゃないけどさ。

石川直樹さんのトークイベントを聴きに、上野の東京藝大に行く。
現在、そのご近所の谷中の元銭湯SCAI THE BATHHOUSEで石川直樹写真展「8848」が開催されているので、それとコミでの観覧。

まず谷中の古民家カフェ(たぶん)カヤバ珈琲で昼ご飯を食べました。
今流行りの昭和レトロ感満載のお店。
2階の和室(大広間・・というより小広間)に上がったのですが、目の前の言問通りをちょっと大きめの車が通ると建物全体が揺れます。
地震!?と思っちゃいました。
ランチと珈琲の味はふつうでした。

私の背中合わせの隣の席では誰かが雑誌だかの取材を受けていて、取材の受け手と記者がそういう世界とは無縁の私にもわかるような業界臭に満ちたやりとりをしてました。
受け手はしきりに「自分は寝坊して大遅刻して本日7件ある取材が押している」ことをアピール&恐縮してましたが、途中からその人が誰あろう石川直樹さん本人であることがわかりました。
ひゃあ~。
思ったより小柄できゃしゃな印象。
声も、テレビやラジオの印象より若干高め。

背中を向け合う位置関係なので顔はほとんど拝見できなかったけれど、けっこう盗み聞きしちった。
漏れ聞き及ぶ範囲で感じたこと。
「もしかしたら声を含めてこの人はそんなに私の好みじゃないかもしれない」

石川さん一派より先に店を出て藝大へ。
ちょっと道に迷いかけました。

藝大、こっちの先入観があるかもしれないけれど、雰囲気ある。
芸術の森、さすが芸大!ぐらいに思ってしまった。
図書館の脇を通っただけなのに、古い本特有のあの匂いが漂ってきたりした。
売店や学食が閉まっていたのは残念。
今度、平日に行きたい。

会場は第一講義室というところで、着いたときはすでに20人ぐらいがその辺の椅子に座って開場を待っていましたが、整列待ちじゃなかったせいで、なぜか受付の隣に立った私が一番で入場することに。
思わず受付の方に「最初に来てたわけじゃないのにスミマセン」と言っていまいました。
でもせっかくなので最前列のど真ん中に座りましたよ。

トークイベントは、国立博物館の方が進行役になって石川さんのエベレスト登山のビデオなどを見つつ話を進める、という構成でしたが、進行と段取りが悪くちょっとハラハラしてイライラしかけました。
が、真正面に座る石川さんに全く動じる気配はなく、先刻のカヤバ珈琲とは別なスイッチが入ったような毅然とした佇まいと物言いと声でステキでした。
「やっぱりこの人はけっこう私の好みかもしれない」と思い直しました。

ただ・・・私は石川さんが繰り返し言い続けている「秘境や踏破の困難な場所に行くことだけが冒険ではない。人が毎日を生きることそのものが冒険だ」という考え方がすごく好きだし、今日も心にヒットする話がいっぱいあった・・けれど、彼の、34才という年齢、あまりのブレなさ、クールさ、なにより賢明さがちょっと物足りなく思えた。
これはもう、言いがかり以外のナニモノでもないのですが、オフィシャルな石川直樹はかっこ良すぎるんですよ(ビジュアルが無個性な感じも含めて)。
カヤバ珈琲で垣間見たナマ石川はちょっと印象が違った。
それにがっかりしかけた部分もあるくせに、トークを聞いてこんなことを言うのは本当に身勝手な言いがかりなんですけどね。
穿った見方なのかもしれないけれど、世間を警戒してるのかなあ、なんて。

今回のイベント参加には実は下心がありました。
仕事がらみでご挨拶をさせていただくつもりでした。
お話しさせていただく機会は十分にありました。
でも、諸々を考えて今回は見送った。
ゴメン!職場の方々。

イベントの後にTHE BATHHOUSEの写真展に行くと、ここにも石川さんが登場。
今日1日で石川さんに3回会ったことになります。

本日の僥倖。
根津駅近くの信行寺というお寺にいた犬!
ものすごおくブサイク!
口を閉じても歯がむき出しで、デフォルトが困り&不機嫌顔。
でもすっごく人なつこい。
行きに寄って心を奪われたので帰りも寄ったところ、すでにお寺の門が閉ざされていてがっかりしました。
が、室内からこちらを発見して走って駆け寄って、門と塀の隙間から鼻面を出し歓迎してくれましたよ。
可愛い!
でも本当にビックリするほどみっともない顔!

一緒に行った美形犬ハヤテくんの飼い主が撮ってくれた写真を載せちゃう。
実物はもっとブサイクだった気がする(笑)。
a0099446_118348.jpg


愛玉子でオーギョーチーも食したし、桃林堂のかち栗もいただいたし、盛りだくさんの楽しい1日でした。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-10-01 23:58 | お出かけ | Trackback | Comments(0)