<   2011年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

5年ぶりの逢瀬   

いつの間にか3児の母になっていたM子ちゃんに会う。
たぶん5年ぶりぐらい。
5年前、彼女は身重ではあったけれど子どもはまだ世の中に登場してなかった。

私なんぞ、5年前と今は特に何も変わらない。
そりゃあトシをとって、ついでに体重も増加したけれど、配偶者も家族構成も所在地も仕事すら(「すら」って!?)変わってない。
なのでつい「5年なんてたいした月日じゃない」と思ってしまいがちだけれど、子どもの数が0→3になっているM子ちゃんを目の当たりにすると、5年1825日の重みみたいなものを感じてちょっと愕然としてしまう。

M子ちゃんは現在、たぶんこの世でただひとり私を「センセー」と呼ぶ人間だ。
1993~1999年まで私は都立看護学校の図書室で働いていたが、その学校ではたまに司書を「先生」と呼ぶ一派が発生し、M子ちゃんの学年はなぜかほとんどその派だった。
ちなみに「おねえさん」と呼ぶ一派(学年)もいたのだよ。

本日、夏休みで混み合う池袋の東口の宝くじ売り場前で、声の大きなM子ちゃんに離れた場所から「センセー!!」と呼ばれ、ちょっとドギマギした。
久しく忘れていた種類の気恥ずかしさ。


M子ちゃんとは、彼女の在学中からいろんな話をした。
以前の日記にも書いた気がするが、図書室のカウンターで話が弾んで、他の学生から「うるさいんですけど」と注意されたことがある。
とほほほっ。

つかこうへいの話は特にいっぱいしたっけなあ。
年齢は一回り以上離れているけれど、そんなことは全く気にならず、卒業後も一緒に舞台を見に行ったり、オートテニスをしたり、同じ看護学校の卒業生のお姉さんと夫のライブを見に来てもらったり、ただ会って恋愛の話をしたり、した。
「センセー、ちょっとそれはどうかと思いますよ~」と諭されたりしたこともある。
何についてかは割愛。

そんなM子ちゃんも30代なかば。
貫地谷しほり似で、溌剌としていて、肌なんてツヤツヤで、真っ直ぐにこちらを見る視線は相変わらずだけれど、人間、30年以上生きて、結婚して、仕事をしつつ子どもが3人いたら、いろいろあるよね、そりゃ。

M子ちゃんの悩みを聞いていたら、大変だなあと思いながらもなんだか心洗われた。

3月以降、不穏で不安な世界にほうり込まれた気分で、ニュースや誰かの行動や文章にいちいちナーバスに反応する社会や自分自身にちょっと辟易してたりする。
かといって、今回だけは我関せずと耳を塞ぐことはできず、情報の取捨選択の自分の基準も編み出せないまま、なんとなくだらだらと取り込んではどう咀嚼していいのかわからず、やみくもに暗い気分になったり、開き直ったり、を繰り返している感じの自分だ。

M子ちゃんは0才児の母なので、今のこの状況の不安はヒトシオだと思う。
でも彼女の現在のいちばんの悩みはそこじゃない。
なんだかそれがものすごく頼もしく思えたのだ。
おかしな言い方だけど、まだこの世は終わりじゃない、みたいな気分になった。

M子ちゃんは社会情勢にも敏感で決して脳天気なタイプではないが、ダンナさんはかなりのツワモノとみた。
3月11日に東京にいて、あの揺れに気づかなかったんだって!
寝ていて起きなかったそうです。

M子ちゃんが夕方、買い物先から4ヶ月の乳児と一緒に大変な思いをして帰ってきたら、目をこすりながら起きてきて、「なにかあったの?」と言ったそうです。
す、すげえ!
ホンモノだ!?
[PR]

by kuni19530806 | 2011-08-09 21:07 | その他

気になる女、るみ子とジュリー   

身内の死、それも親ではなく兄弟姉妹の死についてぐだぐだ考えて日記を書いたらものすごくシリアスな内容(ネガティブというのではなくシリアス)になった。
シリアスだけならいいのだが、読み返したらなんか薄っぺらくてイヤになった。
自分はいろいろ薄っぺらい人間ですが、頭でっかちの「わかってる風」の薄っぺらさが鼻についたんですよねー。

自分が兄を亡くしてるからって、兄弟を亡くした人間の心理はわかると思うって不遜だよね。
せいぜい、親を亡くすのとは違うやりきれなさがあることを知っているくらいで。

今日のN響アワーは手塚治虫特集でした。
今思うと、若くして(60才)で亡くなっていたんだなあ。
昭和の立役者的ポジションの渥美清とかジャイアント馬場とか美空ひばりとか手塚治虫ってみんな早逝だ。
特に美空ひばりは享年52才だって!

手塚治虫のクラシック好きを全面的にフューチャーした今日のN響アワーでしたが、私は娘るみ子にもやもや。
なんだろ、このしっくりしなさは。
そつがなさ過ぎる!
職業を「手塚治虫の娘」にした腹の括り具合が透けて見えるような完璧なコメントの数々でケツの穴がムズムズした。
ビジュアルはツッコミどころ満載。
とりあえず、前髪に段差があるのはなんでだ?!

るみ子嬢の「父とテレビの映画劇場をよく見ました。ミュージカルとか」のコメントからの流れで登場したのは、1993年のN響とジュリー・アンドリュース共演による「サウンドオブミュージック」。

いや~、このときすでにジュリー・アンドリュースは60才ぐらいだったと思いますが、映画の頃とさほど変わらず、さりとてお直し感もなくて、顔も声も美しかった。
映画でマリアをやった頃の彼女は品行方正的な雰囲気で面白味を感じなかったけれど、ブレなく何十年もやっているなら見事、と思った。
1993年がすでに昔ですけどね。
今のジュリーを見たい~。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-08-07 23:37 | テレビ

ディープピープル   

母親や兄が亡くなってから、いわゆる幽霊が全く怖くなくなった。
もともと霊感なんて全くない体質なのだが、実は昨日、ちょっとこれって超常現象?と思えるデキゴトがあって、でも「ああ、そういうこともあるかもね」で納得した。
むしろ、どっちかっていうと心強いと思った。
だって、あの世の片鱗を感じられる日常の方が死に対する虚無感が減って、亡くなった肉親も近くにいるような気がして安心じゃん。
そう思うのは私だけなのかなあ。

昨夜のNHK「ディープピープル」は面白かった。
指揮者という、馴染みはあるしオザワとかコバケンとかサドとかミムラの元夫キンとか、有名どころを複数名知っている職業ではありながら仕事内容を全然知らない世界の一端を垣間見ることが出来て興味深かった。

私は実は最近めきめきオーケストラという演奏形態に興味が湧いてきているのです。
さすれば、そこにもれなく付いてくる指揮者とはなんぞや、と思っておったところでした。

出演者は小林研一郎、広上淳一、下野竜也のお三方。
私はコバケンしか知りませんでした。

番組を見てわかったこと。
①3人とも変人。
どの世界でもトップはだいたい変人、という説を常々私は唱えているわけですが、このエリアでもめでたく実証されました。
この場合の「変人」は「過剰」と言い換えてもいいかもしれません。
要するに、こぞってやり過ぎ行き過ぎな印象の人達。
ほどほどやそこそこ、身の丈や分相応という概念があるようじゃ、秀でた実力者ぞろいの、たぶんプライドの高さも尋常ではない演奏家を束ねる道は究められないってことなのでしょう。

②アンチエイジングの肝を垣間見た気がした。
とにかく3人とも年齢不詳。
若く見える見えないのレベルではなく、肉体年齢とは別な場所に自分を置いているのが基本っていうか。

指揮者という職業は、自分より遙かに年上だったり経験値が上の人間をもコントロールする必要のある仕事なのですね。
若輩指揮者にとっては、演奏者達の歴史や経験や実績に敬意を表しつつ自分の解釈や要望を伝え実践してもらう日常、ベテラン指揮者にとっては、自分の実績や経験をリセットして若い演奏家達との接点をその都度都度探る作業、だったりするのでしょう。
これぞアンチエイジング、もしくはエイジレスの極意かと。


先週末の「世界ふしぎ発見!」に今では吉田栄作の妻というより「若~い」とか女性誌の表紙でおなじみの、あの平子理沙さんが出ていたのですが、私にはさほど若いとも美しいと思えなかったんですよね。
もちろん、世間的には十分に若いですよ美しいですよええやっかみかもしれませんとも。
でも同じ40才ならクルム伊達公子さんの方が私にはずっと美しく見える。

若いこと、美しいこと、年齢がよくわからないこと、を目標や職業にした人のビジュアルを見るより、たとえば伊達さん、たとえば指揮者、の過剰な姿の方が私には精神的アンチエイジング効果がある。
これからも自分が憧れたり欲しいなあと思うのは、若さでも美しさでもなくて、かっこよさなんですよね、きっと。
私にとってはある種のかっこよさが美しさなのだ。

とにかく、現在53才という指揮者広上淳一さんのエイジレスっぷりはビックリだったのだ。
女性誌やアンチエイジングのブロガーの方々も、これからは女性だけじゃなく男性からもエイジレスの秘訣を探ればいいのに。
化粧品やお直しに頼らない新機軸が見つけられるのではないでしょうか。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-08-02 23:41 | テレビ

明日は骨折1周年記念日   

夫の母の付き添いで近くのK脳神経外科へ。
頸椎の手術をしてから6年になる母は、このところ足のもつれが酷くなり元気がない。
基本的に楽天的で情緒が安定した人だが、ちょっと塞ぎがちな今日この頃。

首の神経の通りを良くする手術はうまくいったのだけれど、それまでにすでにダメージを受けてしまった神経組織の改善までは無理で、年齢的なこともあって、末端の神経の機能不具合に加速度がついてしまっているらしい。
そのへんの事情は、手術をしたM病院でも何度も説明されているのだが、もともと同世代の誰よりも健脚で、病気にもほとんど縁がなかった母にはどうしてもその事実は受け容れがたいらしいのだ。
「お向かいのUさんの奥さんは同い年なのに足がぴんぴんしてる。私だって頑張れば・・」と思うようなのだ。
ある意味、現在も治す気満々。

私は母に「もう諦めて現実を受け容れましょう」と言ったことはないし、これからも言うつもりは全くない。
母が自分でそう言うなら「そうですね」と言うかもしれないが、今後も「もしかしたらどこかに違う診立てをしてくれる人がいるかもしれない」と病院行脚をするというなら付き合う。
そこに大層な理由などない。
明らかに逆効果の治療法に頼ったり、ヘンな壺を買おうとしたり、怪しげな心霊術などに走らない限り、付き合うことに決めた、ただそれだけだ。


今日から8月だ。
7月後半は涼しくて助かったが、また夏がぶり返すんだろーな。
今日は早く病院が終わったので、かねてから気になっていた町田の町田天満宮がらくた骨頭市に行こうかと思ったが、町田が意外に遠いことがわかりあっけなく挫折。
どーせ、誰かと約束してたわけじゃないしさ、と。
そのかわり・・でもないけど、近所のダイエーに行って、夫の下着やTシャツをまとめ買いしたら、けっこうな散在になった。
っていうか、最近、自分の洋服をリサイクルショップで格安に調達しているもんで、Tシャツ980円が超高級品に思えただけなんだけどね。
弊害!
[PR]

by kuni19530806 | 2011-08-01 17:02 | その他