<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

私は福島が好きなのかもしれない   

私は福島県福島市で生まれました。
父親が福島県内をまんべんなく網羅する(?)銀行に勤めていたので、その後、県内を転々としました。
富岡町から原町市(現在は南相馬市)に引っ越し、そこで幼稚園に入り、梁川町(現在は伊達市)で小学校に入学しました。
その後、また福島市に戻り中学卒業まで過ごし、両親の離婚後の高校時代は喜多方市で暮らしました。
要するに、そもそも生粋の福島人なのです。
でも、もう福島より東京での生活の方がずっと長くなりました。
10年前に母親が亡くなってからは、実家がなくなったせいもあり、福島に行くことは激減し、今では、兄のお墓参りでたまに日帰りで福島市に行く程度になりました。

が、今回の震災と原発の事故で、私は自分が思っていた以上に、生まれてから18才まで住んで福島にこだわりがあることを思い知らされています。

それを「郷土愛」などとベタな言い方をしてしまうとなんだかアレなのですが、とにかく、私はこの20日間の福島が悲しくてしょうがありません。

自分が今そこで暮らしていないから、県内の人とは不安度が全く違うから、センチメンタルなノスタルジー・・・ある意味、お気楽な感情で故郷を憂うのだ、と言われれば確かにそうかもしれません。
今、福島にいる人達は目の前の現実と向き合っているわけで、私の感じる種類の悲しさなど、傍観者の感傷、もしくは地震、津波、原発に対する言いようのない不安のすり替えなのかもしれない。

でも自分のこの3週間の福島に対する気持ちの中には明らかに、被災者への追悼やお見舞い、原発に対する不安、知人や親戚に対する心配、とは違う種類のものがあります。

それは、ウエットであること、不穏当なことを承知で書くと、私を産み育ててくれた、いつの日も揺るぎなく田舎くさく垢抜けなかった故郷が陵辱され逃げまどう姿をただただ見せられているみたいというか、自分の心の中(だけ)では清らかで無菌だったものにタチの悪い病原菌が見つかったのになすすべがないような・・・胸の痛み、たまらなさ、悲しさです。

こんな非常時だから故郷を美化している、自分に酔っている、のかもしれません。
が、私は、自分が思っていた以上に福島が好きなのかもしれない。
ですから、スパリゾートハワイアンズの奇跡
という記事には心から誇らしさを覚えたし、今朝の首都圏ニュースにも思わず涙が出そうになりました。

それは、都内にある福島のアンテナショップのニュースでした。
このアンテナショップは実は私が1年前まで勤務していた図書館のすぐ近くの大型スーパーの中にあります。
小さいスペースですが、その中に福島の名産品、野菜果物が所狭しと並べられ、いつ行ってもお客さんがいないことがないくらい繁盛していました。
が、このたびの件で、私は「きっとお店は閉まっているだろうな。やっていても誰も買ってくれないのでは」とひそかに案じていました。

でも、それは危惧だったようです。
なんと、現在は通常の3割増しの売り上げなんだとか。
インタビューされた主婦が「福島の野菜は美味しいから買います。きちんと検査が通ったものを売っているそうだし、私は風評よりお店を信じます」
「ここで買うことで福島を応援したい」という声も。
なんだかものすごくうれしかった。
それが、今の自分の居住区のことだからなおさら。

やるじゃん、東京。
これで都知事の再選が阻止できれば、私は東京がもっと好きになると思います。
例年、花見は特にやらないけれど、今年はやってやる!
オメーなんかに指図される覚えはないのだ!
福島の友達も親戚も、短くてもいいから花見をしてくれることを願いながら、する。

今は満身創痍でも、今後も予断を許さない状況が続いたとしでも、たとえ被災前と形が変わっても、福島が復活することを信じています。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-31 23:51 | その他

頑張れ!光ちゃん。   

今日の読売新聞にいわき市に住む従兄が登場する記事がありました。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=38777

光ちゃんは母方の従兄の中では最年長で、私より8才ぐらい年上。
私が物心がついたときは既にいい大人(に見えた)で、お坊ちゃん風で、理屈っぽくて気取った印象でした。
5年前に亡くなった兄とはトシが近いので仲が良く、よくふたりでくだらない話を小難しく展開させてたっけ。

そんな光ちゃんにイチバン最近会ったのは、兄のお葬式のときです。
光ちゃんは私に「Mちゃんがずごく献身的に付き添ったって聞いたよ。何もしてあげられなくてゴメン」と言いました。
最後の一言は、医者という職業上、無意識に出た言葉だとは思いますが、私は正直、不愉快な気分になりました。
兄が光ちゃんに頼ろうとしなかった以上、彼にやつあたりをしてもしょうがない、とは思いつつ、「医者なんだから強引にでも病院に押しかけてきてくれてもよかったじゃない」と。
本当にやつあたりです。

今日の記事を読んで、いろんな意味で光ちゃんを自慢に思いました。
情緒的な言い草ですが、兄もそう思っているはずです。

3/11からこっち、光の見えないトンネルにほうり込まれ、どんどん暗い方に連れて行かれているような毎日です。
そんななかでも、たまに元気づけられることがありますが、それは決まって被災地のまっただ中にいる人達の行動や言動によってです。
それは当初は「被災者に比べれば自分なんて」という思考回路が前提でしたが、原発問題が負のスパイラルにどっぷりハマり込んだ雰囲気になって以来は、必ずしもそうではなくなりました。

ただただ不安がって疑心暗鬼になって無力感に苛まれ、あわよくば現実から目を背けようとしている自分に比べて、被災地の人達は絶望や恐怖に真っ向から対峙している。
対峙なんてしたくてしているわけじゃないのはもちろんわかっている。
でもその姿はかっこいいし、まぶしく映ります。
目に見えないモノに恐怖感を覚えている私より、彼らの方がトンネルの出口に近いところにいる気さえします。

不謹慎な言い草ですが、光ちゃん達がいわき市で頑張ってくれれば、原発問題にもいつか光が見えるような気すらします。

身勝手は承知。
だから頑張って。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-29 22:55 | その他

開花   

良い天気です。
陽射しがぽかぽかして、さほど陽当たりの良くない我が家も暖かいです。
花粉症該当者には酷ですが、今は関東と東北が晴れて暖かいことを日々願っているので、花粉の飛散ぐらいガマンしよう。

花粉の飛散ぐらいって・・・強がり発言ですが(今年は前評判どおりいっぱい飛んでいるので)、東京は今日ソメイヨシノが開花したそうですし、春は着実に到来しているようです。
花粉症状はあともうひとがんばり、いや、ふた・・さんがんばりぐらいか。
終息時期が確実に予想できる飛散ブツなんて楽勝チョップだ!と更に強がってみる。

震災後、早々に現地に向かったナースの日記に涙してしまいました。
これです


鬱々していてもしょーがないので、髪を切りに行って来ようっと。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-28 13:11 | その他

なんとなく、スミマセン。   

いわき市の従兄は、現在も医療活動で市内を奔走中です。
被災した診療所には今日初めて復旧工事の手が入ったとか。

地震や津波の被害だけではないいわき市が、いつ地震前に「戻る」かどうかはわかりませんし、もう元通りという概念はなくなってしまうのかもしれません。
が、人は生きて動いて再生活動を自分以外にも拡げています。
もしかしたら、自分自身はいちばん後回しになっているのかもしれない。
願わくば、多少は自分も労って欲しい、と従兄に言いたい。
でも今は言えません。
お気楽だと思われることは承知で「1日5分でいいから、好きな曲を聴く時間を作れればいいね」とだけ言いました。

何より、どうかもうこれ以上、再生活動に邪魔が入りませんように。

地図で、自分が通っていた原町市(現在は南相馬市原町区)のさゆり幼稚園を探していてふと思ったこと。
私がかの地にいたのは3~5才。
なので記憶は曖昧で、家が高校の近くだったこと、10円を握りしめて近所のお菓子屋さんにおせんべいを買いに行ったこと、幼稚園でのあれこれ、ぐらいしか記憶にありません。
でも、トシの離れた兄にとって、原町は小学校~中学校という、多感な時期を過ごした場所だったんだなあ。
兄が生きていたら、今回のことにどんなに胸を痛めただろう。
その後、ずっと交友のあった友達もいたんだろうなあ。

もっと兄から原町の話を聞いておけばよかった。

そんな私の現在のいちばんの苦痛は花粉症です。
スミマセン。
なんとなく。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-25 22:32 | その他

もうすぐ2週間   

引き続き不穏です。

もはや余震だかなんだかわからない地震も昨日今日で増えている感じです。

寝ているときはしょうがないとして、起きているときに地震が来たら、揺れと一緒に少し動くようにしています。
じゃないと、流行りの(?)「地震酔い」になりそうなんで。
そして、今のこの揺れで11日に大幅にズレたモノが戻ろうとしていると思い込む作戦をとっています。

金町浄水場の件もそりゃあ「あちゃー」ですが、浄水器も煮沸もダメとあらば、腹を括ってふだんどおりに使うしかありません。
今、「腹を括って」と書きましたが、実のところそんなにナーバスにもなってません。
いつものように、水道水を湧かしたお湯でコーヒーも飲んでいます。

どうしてなんでしょうね。
乳児じゃない、というのが当然最大の理由ですが、どっか麻痺しちゃったというか、自己防衛本能かもしれません。
この水を飲んでヤバくないか?などと思っていたら(思ってはいるんですけど)精神的に参っちゃう。
使わなきゃ暮らせないし。
ミネラルウォーター買いに走りたい気持ちはありますが、列に並ぶ(比喩です)気にならないんですよね。
そのエネルギーがないし、今、我が家が並ぶのは違うだろ、みたいな気持ちがあって。

そりゃあいろんなことが本当に怖いです。
こんなにお先真っ暗な気分なのは、母や兄の付き添いをしていたときに匹敵します。
状況の一進一退でこっちが一喜一憂する、というのもそっくり。
ちょっとした数値に希望や絶望を感じたり、ネガティブな情報を知った瞬間に手足が冷え、一気に食欲が失せる気がしたり。

今、これを見つけました。
質疑応答編と併せるとかなりのボリュームですが、読んだ人の感想を聞きたい。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-24 11:30 | その他

可愛い姉妹が我が家に来る   

我が家に、近所に住む中三と中一の女子が来訪した。
しかも初対面。
2人は、職場の同僚のお嬢さんだ。

来訪の経緯はこうだ。
お姉ちゃん(中三)は千葉県の私立の中高一貫校に通っていて、現在、学校のオーケストラに入っている。
担当楽器はコントラバス。
今回の地震で学校の建物に問題が生じ、現在、生徒は全員自宅待機で、ちょっとフライングで春休みに入っている。
中高一貫校とはいえ形だけはある中等部の卒業式は中止になったそうだ。

そんななか、お姉ちゃんの現在の心配事は、来月下旬に控えた演奏会の練習ができないこと。
自宅待機が長引きそうなので、学校の備品であってもバイオリンやチェロなどは特別に家に持ち帰ってもいいことになったそうだが、さすがにコントラバスはそうはいかない。
お姉ちゃんにとってはそれがむしろプレッシャー。
「みんな家で自己練をしているのに私はできない。どうしよう」と。

その話を聞いた我が家が「うちに弾きに来れば。サイレントベースでよかったら貸すよ」と申し出たという次第。

・・・というわけで、お姉ちゃんが嬉々としてやってきました、妹を連れて。
我が家はちょっとわかりづらい場所にあるのだけれど・・・と言いかけたら、お姉ちゃん曰く「幼稚園バスが停まったパン屋さんのところならわかります!大丈夫、行けます」。
中三にとって幼稚園バスに乗ったのはたかだか10年前なのねえとしみじみする中年。

試し弾きしたところ、夫のコントラバスはかなりデカく、しかもガット弦(牛の腸)なので中学生の女子にはちょっと使いづらそうでした。
が、コンパクトなサイレントベースでは練習できそう、とのことでそれを貸し出しました。

一見おとなしそうですが人懐こくてお話し好きな可愛い姉妹でした。
なにより、今のこの情勢で「イチバンの関心事が来月の部活の発表会」であることを全身で示している十代と話せたことがなんだかすごく頼もしいというか気持ちよくて、楽しかった。

不穏で不安だらけの世界にどっぷり浸かっているとつい「我が家はみんな人生の後半だからまだいいけれど、子どものいる家庭は将来の責任とか守らなければならないことがたくさんあるから、今のこの日本の状態はさぞや心配で大変だろうなあ」などと思ってしまうけれど、そんな子どもの存在が大人の不安を忘れさせてくれることもいっぱいあるんですよね。

夫が「来月、けっこう近くでライブをするんでよかったら聴きに来ない?」と誘ったところ、お姉ちゃんに「あ、その日は発表会の直前でそれどころじゃないと思うから行けないです。でもお父さんなら行かせられるかも」とソッコーで断られて笑った。

そんな理由で「行かせられる」かもしれないお父さんって。
世の十代の娘を持つお父さんはそういう方向でも大変なんですね。
頑張れ。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-22 23:18 | その他

追記   

石川直樹さんの日記

ダーリンコラム
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-20 23:37 | その他

近況   

昨日今日明日は仕事です。

昨日の図書館はかなり混んでいました。
時短で5時閉館のせいもありましょうが、新聞コーナーの人がいつもの倍以上で、みんな食い入るように読んでいるのが印象的でした。

情報の量や質についてものすごく考えさせられる日々です。

私が開設した臨時の「災害・防災関連図書コーナー」も盛況で、置いた本の半数以上は借りられていました。
やみくもに恐怖心を煽るような本は自分の一存で省いたつもりですが、今回、テレビやインターネットの情報で一喜一憂している自分を痛感しているので、たとえ末端公立図書館員とはいえ、情報の発信地としての役割も担っていることを肝に銘じています。

そんななか、ほぼ日のダーリンコラムはさすがだった。
糸井重里は基本的に好きじゃないんですが。
それと、そこから見に行った石川直樹さんの日記。
翌日から被災地に行って人力で救援物資を運んでいます。

この人はかっこいいなあ。
かっこいい、の基準がこの災害の前後で変わっている感じがする自分ですが、かっこいい。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-20 07:08 | その他

その後   

気が休まらない日々が続いていますが、その後、いかがですか。

私の職場は現在は時短で開館中です。
照明も暖房も落とし、ちょっと寒々しい感じですが、当然、そこに不満はありません。
区内の公立図書館は全面的に閉館しているところも多く、節電を考えると開館していていいのか、と思わないでもありませんが、薄暗い館内の新聞コーナーに朝いちばんに来て黙々と各紙を読み比べる驚くほど大勢の利用者(年配の方が多いですが若い人もいます。自宅待機でしょうか)や、赤ちゃんを連れた若いお母さん、午後からは子ども達・・・などを見ると、開館していることの意味も感じます。
もし自分が独り暮らしだったり日中独りでいることが多かったら、この不穏極まりない状況では近所に図書館があればそこに居たいかも。
だって、本当に不安で怖いもの。

ちょっと気が緩んだ頃に決まって襲ってくる余震・・静岡や千葉が震源の地震を余震と一括りにしていいのか・・その広範囲さというか拡大化がますます不安を募らせます。

そして原発。
いったいどうなってしまうのでしょうか。

正直、仕事をしていても気持ちがざわざわしてしょうがありません。
品薄現象に加担したくないと、食料品や日用品の買い占めはしていませんが、これで順番停電になって大丈夫なのだろうか、とそれはそれで不安です。

そんな気分で出勤した自分にできることはいったいなんだろう、と自問して、14日から特設で「災害・防災関連図書コーナー」を設置しました。


福島の親戚や友達とは連絡がとれました。
いわき市の北部の四倉というところで医者をやっている従兄の無事も確認できました。
ここを読んだ人のなにかの参考になれば、と従兄が会津在住の別の従兄宛にくれたメールの転送を無断で転載します。
ちなみに、この情報は13日の時点です。
医学用語っぽいものが入っていますが、これは会津の従兄も医者だからでしょう。
ふん。
↓↓

自宅は物が散乱している程度ですが、四倉の診療所は30cm位の床上浸水で1階は泥が堆積しています。
復旧に取り組みたいところですが、避難所をまわること、医師会長としての仕事があることと、放射能漏れの問題があるため手つかずです。

さて、本市の医療状況ですが、私のように海沿いの医療機関を除いては機能低下はあるものの診療は可能のようです。
地震そのものよりも津波による被害が甚大で、水死が非常に多いものの、外傷による救急搬送はほとんどありません。

しかし、市内140カ所に設置された避難所には14,000人もの人が収容されております。うち8,000人は楢葉町、広野町からの避難民で、残りは 地震や津波で家を失った本市の人々です。幸い、前いわき市医師会長で日本医師会常任理事の石井正三先生の要請で東京都医師会や岡山医師会などから、DMATやJMATの4チームが駆けつけてくれたので、本日ほとんどの救護所をまわることができました。すぐに入院が必要な避難民はおりませんでした
が、薬がない人がほとんどで、これからの巡回診療やメンタルヘルスケアが重要と思われます。
なんとかがんばります。

↑↑

私も意気消沈してばかりもいられません。
鉛を呑み込んだみたいな気持ちをなんとかせねば。
報道を見ていると辛くて、つい消してしまいますが、それでも今被災地が、原発がどうなっているか気になってしょうがない・・・のはあたりまえか。

とにかく
どうかどうか、原発がなんとか鎮まりますように。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-16 15:51 | その他

みなさん無事ですか?   

こちらは無事です。
昨日は本当に怖かったです。
この世の終わりだと思いました。

一夜明けて、被害の凄さがどんどん伝わってきます。
福島の親戚や友達とはまだ連絡がとれません。
映像で、子どもの頃に住んでいた福島県の海沿いの町がほとんど水没しているのを見て愕然としました。
昨日は理由もなく急遽、福島行きを取りやめ、明日に順延しようとしていました。
日帰りで福島にある兄のお墓参りに行こうかと思っていたのです。

世の中、本当に何が起こるかわかりません。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-12 10:05 | その他