<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

メイサ   

なんだろーな。
自分もかなりドタバタした日々ですが、お知り合いの方々もこぞって怒濤の日々を送っていることがどんどん判明しています。
入籍や就職決定、といううれしいドタバタから、身内の方が亡くなったり、親が介護の必要に迫られたり、自身が手術をしたり、検査に引っかかってしまったり、はたまた、引っ越し、子どもの急な留学決定、などなど。
2010年末は静かな日々を送っている友達がいないんじゃね?と思うくらいの今日この頃です。

そんなわけで、いただいているメールはじっくり返信したいものばかりなので、よけい返せません。
しばしお待ちを。
そしてみなさん、人生はいろいろ大変だけど頑張りましょうね。


昨日、NHKBSで、黒木メイサがスペインに行ってフラメンコを習う、という番組をやっていました。
実は、CM以外で動いているメイサを見たのは初めて。
しかも素のしゃべり付き。
カメラが回ってるから「素」ではないわけですけど。

故つかこうへい氏に見出されたという彼女のことは以前から気にはなってました。
同じく、つかこうへい方面から出てきた小西真奈美は、つかさんの舞台で現物(?)を見ることがかないましたが、メイサ(←なかなか斬新な名前だ。本名は島袋さつき。ある意味、ビックリ!)は未見。
残念。

とにかく、1988年生まれにはおよそ見えない落ち着き。
クォーターだそうですが、それを差し引いても(?)余りある大人感。
骨格も顔立ちもスタイルもどれも硬質で鋭角的な雰囲気で、笑顔より怒顔が似合う感じ。
ああ、やっぱりつかさん演出の舞台でのメイサを見たかった。

フラメンコの番組は、なかなか面白かったです。
ドキュメンタリー上でもメイサはあっぱれなくらい大人でした。
少女のように緊張したり、はしゃいだり、涙を流したり、モデル歩きで街を闊歩したり、いろんな側面を見せてはいましたが、どの瞬間もちゃんと女優してた。

フラメンコの師匠(いかにもラテンな、熱くて厳しくてそして女たらしの雰囲気。でも愛妻家をアピール。奥さんは美人さんだけど怖そうで、メイサに嫉妬一歩手前な感じだった)に疑似恋愛感情を持つ、というシナリオでドキュメンタリーを「演じている」ようなところもあって、それが制作者の、または本人の意図にしろ無意識にしろ、やっぱりちょっとタダモノじゃない逸材かも、と思いました。
師匠、役所広司よりは吸引力があったから説得力もあった。

しかしなあ、メイサとか山田優とか、沖縄組は骨格の根本が違う感じのスタイルですね。
まさに、土壌が違う、感じ。
自分とは土俵も全然違うけど。
あ、どこにも上がってないか、私は。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-29 23:26 | テレビ | Trackback | Comments(0)

綿100%を求めて   

もらいっぱなしのメールが溜まっているのが気になっているわけですが、少しずつ返信していますのでご容赦下さい・・とここに書くのもナンですが、「私のメールに返事もくれないのにここは更新するんかい!」という声が聞こえてきそうなので。
あら、私ってば小心。

じんましんはちょっと落ち着きました。
それだけで、世界は実に生き易いです。
痒さをガマンするのもさることながら、見た目の悪さにもどよんとしてました。

先日、職場の所属長のそのまた上の管理職(40代前半の男性。私達は陰で「飛び級キャリア」または「背脂」と呼んでいます)に「マツモトさん、じんましんはどお?あ、良くなったんじゃない?」と言われましたが、心外だったので「良くなりません。どうでもいいことでしょうが、こう見えても本来の私はもっとつぶらな瞳をしているのです」とコメントしました。
もちろん、管理職は微妙な顔をしました。

そんなじんましんが落ち着いてきたと思ったら、昨日の夜から左目の白目が真っ赤です。
完全な鮮血色。
私が2年に一度ぐらい発症する結膜下出血です。

これは疲労時に出ます。
最初の発症は、母親の付き添いをしていた10年前でした。
友達がいたく心配してくれましたが、以来、クセになり、疲れると出没します。
痛みや目やにや見えづらさがある場合は病院へ、とのことですが、どれもありません。
ただ、白目に血の固まりがあるだけです。
ビジュアル的には非常に目立つので、困りものです。

ところで
じんましん以来、衣類はほぼ綿100%にしています。
化繊を着た日に身体の痒みが顕著だったりして、現在はそんなに敏感ではなくなった気がするのですが、めっきりコットン信者になりつつあります。
そのうち、マクロビオティックにハマり、オーガニックしか口にせず、米粉で自家製パンを作り、肉系はもちろん、牛乳と卵も避け、ソトコトや天然生活を読み耽るヒトになるやもしれません。
あ、ウソです。
ならないと思います。

でも、綿100%のパンツには今、こだわっています。
無印は一見、綿100%を探しやすいブランドに思えますが、意外とありません。
95%で、残りは化繊が多いです。
それと、本体部は綿100%でも、ふちどり部分は化繊だったりします。
なかなか、丸ごと綿100%に出会えません。
とは言いつつ、このところ、無印と見れば立ち寄って、なんかしらを購入しています。
今日も、薄手のトックリ(!)と、カーディガンを買いました。
トックリ(!)は綿100%で、カーディガンは、綿95%カシミア5%です。

そうそう。
完全に綿100%のパンツは近所のダイエーにありました。
先日、発見!
ゴムの部分も本体と同じ生地でくるんである、正真正銘の綿100%のパンツです。
勇んでまとめ買いしました。
水洗いしてはきましたが、なかなかの心地よさです。
フィット感には若干欠けますが(ストレッチ性は化繊のワザだったんですね)、感触は優しいです。
もちろん、色気のかけらもないパンツです。
ないからといってどうだという話ではありません。
むしろ、吹っ切れた気がします。

色気より生き易さです。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-28 23:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

睡の魔に取り憑かれる   

最近、やたら寝ています。
仕事の日も、けっこう残業して私としては遅く帰ってくることが多いのに、就寝時間はどんどん早くなっている感じ。
もう、食って片付けてお風呂に入ってとっとと寝る生活。
他になにもなし、みたいな。

休みの日も気がつくと寝てます。
何時間、昼寝しようが、寝る前にコーヒーを飲もうが、布団に入ると即眠。
そもそもはそんなに寝付きのいい方じゃないのですが。

そんなに疲れてるんかい!
っていうか、抗アレルギー剤のせい?

あ~眠たくなってきたよ。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-23 22:02 | その他 | Trackback | Comments(0)

小島一郎、名前は平凡   

自分で言うのもナンですが、先週はよく働いたなあ~。
まあ、昨日今日とちゃんと連休しているわけですから、単に「月~金までの通常5日」でしかないわけですが、今の職は基本的に5連勤はないので(雇用形態の都合で、こっちが「5連勤はイヤだ」と言っているわけではない)、平日のフル出勤はめずらしいのです。
しかも、連日フル稼動。
気遣うこともいろいろあったりして。
ジンマシンは治らないし。

昨日、近所のアレルギー専門医に行ったら、そこは小児科も併設しているせいか、待合室に入りきれない患者が外まで溢れていました。
なので諦めて、先々週行った皮膚科にまた行きました。
こっちも混んでましたが、外までは溢れてませんでした。
結局、原因は特定されず、薬が増えただけです。
ホルムアルデヒドだの古い本の揮発剤だのストレスだの疲労だの更年期だの、とにかく容疑者が多すぎて、しまいには「複数がバッティングしてるのかも」と言われました。
はあ~。
目周りの腫れが少し落ち着いたと思ったら、全身がチクチク痒くなりました。
腹回りには発疹も。
ダニかな。

とにかく、仕事の忙しさの元凶はマニュアルづくりです。
なんで、このオープン前のクソ忙しい時期に、業務委託スタッフ向けの詳細マニュアルを全部俺達が作らなきゃなんないんだよっ!!という話です。

そんななか
正月の中学の同級会のお知らせハガキが来ました。
私達のクラスだけのHPがあることにビックリ。
卒業アルバムの3年2組のページが丸ごとアップされてる!!
ひゃあ!
卒業アルバムと今の自分の髪型がほぼ同じってとこに苦笑。

このところの目周りの腫れで、髪の毛がまぶたに障ると痒いのでイライラして自分で前髪を切ったら切りすぎました。
今はビジュアルよりイライラ解消が優先!と開き直るしかなく、周囲には「年とった中学生」と自己申告していたのですが・・実際の中学生のときも同じ髪型をしてたよ、私。
まさに三十数年の時をかける少女だ。

とほほ。


昨夜のBS「男前列伝」で見た写真界のミレーと呼ばれた津軽の写真家小島一郎の写真はちょっと衝撃でした。

a0099446_1555361.jpg

a0099446_1556562.jpg

a0099446_15564628.jpg


39才で亡くなった本人はいわゆるハンサムさんですが、彼の「写真家になるために必要なのは、作品を多く撮ることではなく、よい魂の持ち主になること」(うろ覚え)という言葉がかっこよかった。

a0099446_165507.jpg


22日と24日も再放送するそうですので、興味を持った人はご覧下さい。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-21 15:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

世界が生まれた朝に   

エマニュアル・ドンガラ著/高野秀行訳の『世界が生まれた朝に』を読む。

a0099446_1511460.jpg


この大いなる小説を高野さんが訳す経緯は、あの名著『異国トーキョー漂流記』に詳しいですが、そこに「面白い小説」とは書かれていたものの、こんなに凄い小説とはね。

作者はコンゴ出身の物理学博士で、この小説の原文はフランス語だそうです。
弟が日本に留学していたりして、作者本人も日本通らしいです。

それはこの小説とは直接関係ないですけどね。

第1章だけ読むとまるで太古の物語か神話のようです。
後々、第1章でそう感じたことが「効いて」きます。

これは、マンダラ・マンクンクという、文字を知らない、でも間違いなくいろんな意味で“賢者”の一代記ですが、彼の生涯は、太古のように映る生活から、異人支配の植民地時代~第二次世界大戦~独立~現代と、まるで「一人人類の歴史総ざらえ」みたいに波瀾万丈です。
その波瀾万丈さは、そのまま「アフリカの20世紀」ということなのでしょうし、太古や神話的世界が、なにも現代と遠く離れてはいないということでもあり、この小説の冒頭2行目の<世界は今日より良くも悪くもなく、ただ異なっているだけであった。>のなによりの証明でもあると思われます。

学問としての哲学には私はつい、ある種のうさんくささを感じてしまいますが、生きることと<知>や<力>について考えることが直結したマンクンクの人生は、過酷で孤独ですがとても美しいです。
異人に“陵辱”され、同胞にすら、英雄視されても本当のところは全く理解されない彼の孤高さは、最後に、この小説のタイトルの意味で彼を納得させます。

ていねいに読んだのでかなり時間はかかりましたが、時間をかけた甲斐のある小説でした。
『百年の孤独』を再読してみようかなあ。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-20 23:59 | 読書 | Trackback | Comments(0)

マザーウォーター   

新宿ピカデリーで映画「マザーウォーター」を見る。

a0099446_16531273.jpg


封切館(って今も言う?)で映画を見るのは久しぶり。
新宿ピカデリーは2年ぐらい前に新装オープンした最新鋭(たぶん)の映画館で、無印とかもある真っ白でオシャレなビルの中に10館の映画館が入っているのですが、チケットの買い方や入場のしかた等々、自分が認識していた従来の映画館の方式とはいろいろ勝手が違っていてちょっと戸惑いました。
ちなみに、5Fはプラチナフロアらしい。

よくわかんないんだけどさ(と突然、口調を変えてみる)、プラチナフロアではプライベート感覚で贅沢に映画鑑賞ができるらしいよ。
プラチナシートは1人5千円、プラチナルームに至っちゃ2人で3万円だと!!
3万で、たとえば松嶋菜々子の「ゴースト」を見てもなあって感じ。
ふつう、見たいと思うか?

「プラチナルームをご利用のお客様は、上映開始1時間前よりリラクゼーションルームでお寛ぎいただけます。上映時間まで贅沢な時間をお過ごしください。」だそうです(笑)。

凄いっちゃあ凄いけど、なんだか微妙に貧乏くさい贅沢じゃね?
おすすめメニューに「ドン・ペリニヨン・ロゼのフルボトル10万円」とあるけれど、それを飲みながらたとえば、松嶋菜々子の「ゴースト」を見てもなあって感じ(しつこいか)。

下々の市井の民が集うロビーは3Fで、そこにいかにも「ここからはセレブ専用ね」的なプラチナ専用エレベーターが垣間見えましたが、垣間見えるってところがわざとらしくてますます貧乏くさい成金的贅沢感を醸し出している気がしました。



肝心のマザーウォーターについて。
予想どおり、登場人物の背景やセリフの真意は、見た人それそれが自由に解釈する方式で、説明はありません。
これといって、何も起こりません。
京都が舞台ですが、主な登場人物は全員地元民ではないという設定らしく、誰ひとり京都弁を話しません。
かもめ食堂、めがね、プールと同じ、縁あってその土地に集っちゃった人々の一過性(かもしれない)触れあいがテーマのひとつです。

このシリーズ独特の空気感で、食事以外の生活感がありません。
浮世離れした、現実に似ているけれど現実じゃないパラレルワールドのお話みたいです。
でも、登場人物が距離を置いてお互いに立ち入らないかというと、そんなことはなく、するするというか、ずけずけというか、個人エリアにグッと入り込んだり(どの映画もそれはもたいまさこさんの役割)不文律のきまりごとがいっぱいあったりします。

プールまでの前3作は、それに違和感を覚える登場人物が必ずいて、最初は反発したりするわけですが、徐々に毒され(?)、その過程が映画の肝だったりしました。
が、今回は違和感を覚える人物は登場しません。
銭湯で働く若い男の子が唯一人、現世との橋渡しの役割かと思いきや、必ずしもそうでもなかった・・・。
この男子、瑛太をちょっと若くしたようなビジュアル・・と思ったら、本当に瑛太の弟でした。

そんなわけで、ストーリーを期待したらガッカリします。
せめて「すいか」の半分ぐらいの脚本があったら、登場人物ももうちょっと魅力的になったのに残念です。
見る側に下駄を預けたような薄い人物造詣のわりに役者さん達は頑張ってますが、とにかく今回の主役はふつうにもたいまさこさんでした。
登場時間も、セリフの量も、全体に対する影響力も、もたいさんがダントツ。
小林聡美は完全に助演。


あ、ここまで書いてきた流れに逆らうようですが、私は嫌いじゃありません、この映画。

料理はもちろん飯島奈美さんです。
もちろん美味しそうです。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-13 22:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

近況・・・というか   

雑誌の表紙で見る最近の松嶋菜々子や菅野美穂の顔が微妙に以前と違ってる気がするんだけど、気のせい?

1年以上前に、夫の姉にそそのかされて中高年向け女性誌の読者モデルに応募しました。
STORYでも婦人公論でもありません(笑)。
健康情報系の雑誌。
夫の姉はダイエット、私は更年期対策の「体験」に興味を持ち、まずは私で様子を窺う作戦。
でもその後、全く音沙汰はなく、応募したことすら忘れてました。
その雑誌自体、応募以降、一度も買ってないというていたらく(?)でした。

が、一週間ほど前、突然編集部から「プロにヘアメイクをしてもらって誌面に出ませんか」と電話がきました。
へっ!?なんのことですか?でした。

確かに応募しましたとも。
でも応募の欄に「更年期対策の体験希望」と書いたし、まさかそっち方面からお声がかかるとは思っていませんでした。
応募写真は不鮮明でしたし。
あ、もしかしたら抜擢(!)はそのせいかも。

写真の顔は不鮮明な上に、実物同様、童顔がそのまま中高年まっしぐらの1人時間差容姿で、メリハリもないので、メイクと撮影技術次第でどうとでも変わる、と判断されたのかも。

でもタイミングが悪過ぎ。
撮影(?)日は今月18日の夕方とのこと。
現在はとても有休をとって指定された場所(銀座)に行ける状況ではないし、なにより、電話をもらった日はじんましんのピーク日で、私の右目のまぶたはお岩さんのようでした。

まだちょっと日にちがあるとはいえ、それまでに真顔(?)に戻っている確信はなく・・・それ以前に、いくら18日まで「治っているはず」と思ったとしても、お岩さん状態の日にそんな勧誘がきても、「やります」とは言えないもんです。

そんなわけで丁重にお断りしました。
一週間経った今、ちょっと残念な気もしてますが。

今日は休みでしたが、午後からチャリで職場に行って仕事をしてきました。
片道30分。
橋越えあり。
わが区は海抜が低いので、橋を渡るには上り坂がある、という哀しい地形です。
橋越えのための山越え。

道も狭かったり、歩道も途切れていたりして、あまり自転車の走りやすい道程ではないことがわかりました。
自転車通勤の野望は潰えた感じ。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-12 23:28 | その他 | Trackback | Comments(2)

今夜、すべてのバーで   

中島らもの『今夜、すべてのバーで』を読む。

a0099446_2142688.jpg


この本を読むのはたぶん4~5回目。
10年ぶりぐらいに読みました。
今回は文庫を購入したのですが、この表紙・・・どうよ?
以前は、ただ、黄色の無地だった気がしますが。

今まで、読むたびに「心にグッと沁みた」もんですが、今回はあまり沁みませんでした。
いや、相変わらず面白かったのですが、今回はアルコール依存症患者のレポートを読んだ、みたいな読後感でした。
依存に至る過程や、本人にとってのアルコールのポジションが興味深かったというか。

この読後感の変化は、読んだ回数によるものなのか、年齢なのか、前回までは存命だった著者がもうこの世にはいないからなのか、よくわかりません。
たぶん、全部なんでしょうね。

私はほとんど酒が飲めないくせに、アル中小説はけっこう好きかもしれない。
ローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズや、風間一輝とか。
風間さんももうとっくに亡くなってしまいましたけどね。

アル中小説は書いていないと思いますが、風間一輝とは前世紀末に亡くなったハードボイルド小説作家繋がりでいうと、稲見一良さんも好きでした。
あ、書いてたら稲見一良さんの小説が読みたくなった。
やっぱり、1冊を挙げるなら『セント・メリーのリボン』かな。

今の仕事の本選びで、稲見さんの本を全部発注してみたのですが、軒並み入りませんでした。
予想はしていましたが、残念。
中島らもさんの本も、そして飯嶋和一さん(彼はもちろんご存命です)もけっこう入らなかった気がする。


職場は徐々に本格的な修羅場です。
遅くまで残業しているわけではありませんが、仕事の余裕のなさが波及して(?)なんだか一日中ドタバタしています。
今週末はちょっとゆっくり休めるといいなあ。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-10 21:13 | 読書 | Trackback | Comments(0)

大森望講演会   

書評家、大森望講演会に行く。

流暢ですねえ、大森望さん。
よどみなく、ほぼノンストップで2時間、しゃべりっぱなし。
ラジオに出てる人は聴かせるなあ。
こういう人の講演会なら、主催者側もラクだなあ。
でも満席じゃなかったなあ。
話も面白かったし、いい企画だったと思うのに、もったいない。
主催した区(我が居住区だけど)の民度の低さを物語ってる感じがする。

大森望さんには10年前、一度だけ会ったことがあります。
会ったというか見たというか。
オバサンみたいなオジサンだという印象でしたが、今回、基本的なイメージは変わらなかったものの(あの髪型はどうなんだろ。もっとこざっぱりした方がいいでしょ)、前回よりはオバサン度が減った感じ。

ここ数年、大森望といえば豊﨑由美とセット、という印象が強いです。
今日も「ここに豊﨑さんもいればいいのに」と何度か思っちゃいました。

ツイッターでの予告どおり(?)、掴みは水嶋ヒロネタでした。
水嶋ヒロをちゃんと知ってれば、もっと満喫できたんでしょう。
仮面ライダーを演っていたらしいので、子を持つ親世代の方が詳しいのか、ヒロについて。
あとは、文学賞についての裏話がけっこうありました。
そういうのは面白いですね。

ついついスタッフの手伝いをしてしまいましたが、参加者の傾向というか雰囲気を見ることができて良かった。
来年の2月ぐらいには自分も行事をやらなくちゃならないもんで。
あ~、どうやったらいいもんか。

来てくれる予定の方のmixiのコミュに入って(メンバーが3千人強います)、ファンの動向を窺ってるんですが、あまり参考にならない。
書き込みまでしてみたけれど、今ひとつだ。

ま、そのうちちゃんと考えよ。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-03 21:13 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

思わせぶり過ぎるお悩み&せっかくのCDなのに!   

今日の読売新聞の人生案内はぶっ飛んでました。

読売新聞を読んでる人が全国津々浦々、そして海外も含め全部で何百万人(何千万人単位?)いるのかわかりませんが、今朝はこの欄を読んだ全員の怒声に似たツッコミが聞こえてくるようでした。

で、いったいその夢はなんだっていうんだよ!?
思わせぶりにも程があるっ!!



アマゾンで、ドラマ「すいか」のサントラ盤を買いました。

まだ、しかもそこまでハマってるの!?と言われそうですが、実はリアルタイムで見ていた頃から、音楽がいいなあと思っていたのでした。
っていうか、自分がここまでしっくりするのは音楽のせいかも、と。

DVDを買ったので、もう今更サントラ盤はいいか、とも思ったのですが、画像なしで単独で音楽を聴いてみたい、あわよくばZEN(iPodのバッタモン)に入れて、通勤時とかにも聴きたいというアツい思いに抗えず、このたび購入。

やっぱ、いいです。
ピアノの叙情的なしっとり系と、スパイシーなメキシカン(ラテン系)が混在していますが、この調合具合がいいんだよねえ。
音楽担当は、米米クラブにいた人ですが、「すいか」ファンならずとも、テレビドラマのサントラという先入観なしでも、かなりいい感じなのではと思ったりしています。

ただ、CCCDなのだ(怒)。
エイベックスとやら、だからですかね。
ムカつく!
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-02 22:28 | 音楽 | Trackback | Comments(0)