<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

プール   

映画『プール』を見る。
a0099446_11595272.jpg

いや、柄にもなく「癒やされたい」とか思ったりして・・・。

セリフも音楽もストーリーも演じ手も、ひかえめで基本は静かな感じで、出てくる風景や建物に清潔感があって、食べ物が美味しそうで・・・いかにも、女性が女性のために女性を起用して撮った映画で、それは同じ小林聡美の『すいか』や『かもめ食堂』や『めがね』に共通する世界ではありましたが、個人的には、ちょっと「もういいかな」という感じ。
すいか、かもめ食堂、まででしたね、私が深く共感できたのは。
そりゃもう、嫌いな世界ではないんですけど。

今回は、気鋭の脚本家の女性が監督もやっているそうです。
そのせいか、今までの一連の作品よりは、若干ストーリーがしっかりしている印象。
『めがね』なんて、もう粗々だったもんね。
ちょっと雰囲気やイメージでごまかし過ぎじゃない?と思いました。

今回は、小林聡美の娘役の伽奈さんという新人さんがなかなかよいです。
独特の価値観を持つ母親に反発を覚えつつ、娘としてだけじゃなく人間として惹かれる役どころをリアルに演じています。
いますよね、この人、面白いし好きだけど、身内だったらちょっとイヤかも、という人。
伽奈さん、このあたりが巧いです。
でも、小林聡美をはじめ、もたいまさこも加瀬亮も、映画全体にも浮世離れ感が漂っているだけに、伽奈さんだけがひとりでリアル部門を担当していて、浮いてるっていうか、ちょっとそこだけ重い感じでもあります。
加瀬亮に至っちゃ、露骨に「30~40代の女性が、恋愛対象じゃないけど近くに棲息していて欲しいと思う男子」の理想像って役どころだもんなあ。
あんな男子、実際はそうそういないよ。
しかも、実際にいたら、バリバリ恋愛対象でしょう。

そうそう、小林聡美さんがギターを弾きながら自作の歌を歌っています。
詞も曲も歌声もすごく素直。
生きること、生活すること、に自由奔放な母親の根底がこの歌に象徴的に表れています。
自由と身勝手の狭間にあるのは、信頼と諦観と受容だよ、みたいな曲ですね。

この映画を見たら、私もタイの寝仏を見たくなった。
a0099446_1201162.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2010-04-07 23:59 | 映画

失恋延長戦   

山本幸久の『失恋延長戦』を読む。

a0099446_23341566.jpg


なんだか、やたらせつない話だったなあ。
ラストシーン、悲しいよお。
フォーエバー、ベンジャミン!

昔から思っていることだけど、男性公務員ってレベルが低い気がする。
もちろん、私基準の「レベル」ですけどね。
自分の視野が狭いことに全く気づいていない・・だけならまだしも、「自分は広い」ぐらいに勘違いしている輩が多いっていうか。
要するに、世間知らずなんですよね。
役所というフィルターを通して見る世間は特殊ですからね。
職場を離れればフィルターも外れる、よって仕事以外ではちゃんと世間が見えてる、と思ってるフシの人が多いですが、そう思うこと自体、世間知らずの証しじゃないかと思われます。

それと「丸く収めよう」という職業意識(?)に長ける余り、物事の本質に気づけなくなるんじゃないかと思ったりします。
公務員的に優秀な人って、数少ない例外を除いて、ほとんど薄っぺらな感じ?
これがホント、男性に顕著なんだよねえ。

以上、この一週間、大勢公務員のいる新しい職場に居てみての感想でした。
仕事?
まだほとんど何も始められていません。
まったくもう。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-04-07 23:36 | 読書

また、あの場所に   

南武線宿河原駅付近にある二ヵ領用水に桜を見に行く。
ほぼ満開。
用水路というか親水路沿いが桜並木になっていて、この時期はなかなか見事です。
そして、ここはご存じ(?)あの「すいか」のロケ地です。

この数年、私は年に3回ぐらいのペースでここに来ています。
「すいか」の季節の夏と、桜の時期。
夏は、はじまりと終わりの両方、足を向けたくなります。
家からは1時間強かかる場所ですが、たぶん今年の夏も2回は行くでしょう。

気の置けない友達となにをするでもなく、ハピネス三茶のセットのあった場所近くの水辺に座ってとりとめのない話をするのが好きなのです。
今日も2時間ぐらいノンストップで話をしました。
最初は花粉を意識していましたが、そのうちどうでもよくなりました。
桜の時期のネックは、けっこう肌寒かったりするので、トイレに行きたくなっちゃうことですね。
それがなければ、お弁当を持って一日中、話してることでしょう。

今日はその後、宿河原駅前に戻って、ポトスというお店でランチをしました。
以前にも書きましたが、ここも「すいか」のロケ地です。
まだ、キョンキョンと片桐はいりさんの色紙&写真が飾ってありました。


さて
新年度になって3日、一昨日昨日と新しい職場に通いました。
私の今度の仕事は、新しい図書館づくりです。
3月までいた職場もオープン前からの関与でしたが、前回がオープン1ヶ月半前からの参戦だったのに対して、今回は9ヶ月前から、になります。
そんなに早くから?余裕じゃん!の印象もあるかもしれません。
自分も関係者じゃなければそう思うかもしれません。
が、この2日、ほとんど全部の時間を費やした現時点までの進捗報告の打ち合わせによれば、これから決めること、やることが山のようにあり、今後の自分の9ヶ月はかなりヘビーになりそうです。

とはいっても、私は一介の中年非正規職員ですし、タイヘンだヘビーだと言われても、自分で感じはしても、だからといって周囲が脅すほどのプレッシャーはありません。
やれることしかできないからね。
無理は利かないお年頃だし、末端構成員なので、自分の今度の職場の存在意義というか努力のポイントはあくまでも「サクサク実務を進捗させる」ことだと思っています。
とはいっても、経験値がゼロなので、進捗のための正道というか、あわよくば近道が全然わかりません。
さらいちさん、道案内をよろしくお願いします(笑)。


年度末の最終週、4年半在籍した職場ではほぼ毎日がお別れイベントでした。
全員が職場を離れること、しかも望んで引き渡すわけじゃないこと、いろんな意味で濃い職場だったこと、で、言葉は悪いですが、ちょっと集団ヒステリー化していたかも。
私も充分に淋しかったし、離脱は不本意だったし、その気持ちを図書館だよりに直に表現はしてしまいましたが、周囲のテンションの高さに、ふと我に帰って冷静になる瞬間も多々ありました。
引き継ぎ先の会社の責任者が本当にダメダメで、そこここで憤りの声が聞かれ、私も「引き継ぎ方法が間違っていて、しかも引き継ぎの理解力が低い」という意味だけでなく、「日々の業務がまだ全然理解できていないのに、オプションともいえる図書館だよりに時間を費やしてる場合かよ。優先順位がわかってねーっつうんだよ」というレベルで腹立たしくは思っていましたが、周囲の憤りに感応し過ぎた部分もあったかも。

でも、実は私達の職場はまだましだったようなのです。
もっと露骨に引き継ぎ先を困らせた館もあったらしい。
私達は何度も「これはわかってますか?ここはできます?なにかわからないことがあったらどんどん聞いてください」と言っていたし、手分けしてマニュアルを作り渡していましたが、中には、引き継ぎは口答のみ、自分達からは引き継ぎ先に一切なにも教えない、みたいな館もあったらしい。
ここには書けない、嫌がらせと思える話も漏れ聞き及びました。

ガキだなあ。
それって、自分達がせっかく築いてきたことを壊すことなのにね。
しかも、同じ区の図書館なんて一蓮托生なんだから、自分が違う館に異動すれば、前職場の不具合の影響を受けるだろ、という話です。

そんなこんなですが、正直、既に前の職場が恋しいです。
いろいろあったし、その中には不愉快なこともいっぱいだったのに、そういうものなんですねえ。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-04-03 23:39 | お出かけ