カテゴリ:お出かけ( 94 )   

オーロラ写真展と千代田図書館訪問記(ほぼ批判。しかも長々)   

新宿高野ビルのコニカミノルタプラザギャラリーでやっている「宇宙から見たオーロラ展2010」に行く。

新宿に行って地下道を歩いていたらこの掲示を見たのでふらっと入ってみました。
入場無料だし。

展示ブースはABC3つあって、BとCがオーロラでした。
平日の昼どきだったせいか人が少なくて、画像も映像もじっくり見ることができました。
オーロラが見えるしくみの解説映像と、スカンジナビアかどこかに設置して定点観測した空の映像の早送り上映(それでもゆっくりですけど)は良かったです。
特に後者はヒーリング映像ですね。
見ているだけで気持ち良くてまったりしました。

他にも、アラスカ上空のカメラからの生映像(私が見ている間は夜で、空に変化はなし)やオーロラ出現の際の音も聴くことができます。
「地球から見たオーロラ」コーナーには中垣哲也さんという人が撮った、まさに「この世のものとは思えない」神秘的で、今にも動き出しそうなオーロラの写真が並んでいます。
ホント、幻想的だ。
撮影者本人もいました。
ヒマそうにしていたので話しかければ応えてくれそうな雰囲気でした。
話しかけませんでしたが。

プラネタリウムやオーロラ的なものが好きな方にはお薦め。
ただし、空いているときじゃないと薦めません。
人口密度の高い環境で見る写真や映像じゃないですね。


帰りに、千代田区立千代田図書館に寄ってみました。
オープン当初は行く気満々だったのですが、訪問した周囲(図書館関係者も関係者以外も)の評判がすこぶる芳しくなく、徐々にその気が失せて、本日に至っていました。

今日訪問してみて、私も確かにいろいろ気に入りませんでした(笑)。
同業者の視点でチェックしてしまうので、利用者としてはある意味失格です!?

私はそもそも、ビルの上階にある図書館って好きじゃないんですよね、めんどくさくて。
千代田立千代田図書館以外では、豊島区立中央図書館とさいたま市立中央図書館ぐらいしか行ったことがありませんが、どこもなかなかエレベーターが来ないイメージ。

千代田図書館は文句を言い出したらキリがない感じの図書館でしたが(しつこいようですが、どうしても同業者視点)、いちばんダメだなあと思ったのは肝心の本が乱雑に並んでいたこと。
たまたま、じゃないと思います。
本棚にいっさいブックエンドがないってのは斬新だよ。
ブックエンドを使わない図書館って私は他に知らないのですが、たぶん、なんらかのポリシーがあってやってるんでしょうね。
なにかとポリシーが多そうな図書館だし。
まず、ポリシーありき、みたいな。
でもブックエンドがないと、全ての本棚の右端の本は、その列がぎゅうぎゅうに詰まっているか、よほど自立心旺盛な厚い本でない限り、斜めに置かれているか倒れていることになります。
これってどうなんでしょう。
あたりまえですが、寝ていたり傾いている本はタイトルが見づらいです。
図書館なのに。
おまけに、本棚の見出し版(医学とか文学とか書かれている板)が所定のポジションにきちんとささっていなくて奥に引っ込んでたりするので、なんの本が並んでいるのかわかりづらい。

閲覧席やPC検索ブースはほぼ満席なのに、本棚の所には全般的にあまり人がいませんでしたが(私がいちばん嫌いなタイプの図書館です)この「ほぼ満席」も本棚の使い勝手の悪さを助長してます。
本棚の一面がこの閲覧席にけっこう近いので、その面の本は見づらいのです。
「本棚で本を物色する」という図書館的にはなによりあたりまえの行為をしているのに、なんだか閲覧席の人を邪魔しているかのような気分になっちゃう。
静かに勉強している人々の近くで動き回ってゴメンって気にさせられる。
これってダメじゃね?

あとは(文句がいくらでも出てくるなあ)、雑誌の棚も見づらい。
パッと見もわかりづらいし、貼ってある配置図も見にくいです。
雑誌の棚が頑丈なスチール製なので、バックナンバーを見るためにフタを開閉するときに気をつけないとけっこう大きな音が出ます。
手前に最新刊を陳列して、バックナンバーはその奥を開け閉めして入れるタイプの雑誌棚は、プラスチックか木製の方が開閉に気を遣わなくていいなあ。

今日は貸出券を作ってみたのですが、入力してもらっている間に「これを読んでお待ち下さい」と利用案内を書いた厚紙を渡されただけで、口答では一切説明がありませんでした。
「なにかご質問は?」と聞かれたので、「区民じゃないと貸出数は半分なんですねー。あ、これは質問ではなく感想ですね」と言っちゃいました。
係の男性の反応は薄かった。

千代田区立千代田図書館は3年ぐらい前に鳴り物入りでオープンしました。
マスコミの取材も凄かったと聞いています。
なんかの図書館賞も獲ったはず。
図書館員の制服は小洒落たカフェの店員さんのようですし(どうでもいいけれど、書架整理しづらそう)、コンシェルジュと称する区の案内役の方もいます。
都心のビジネス街のど真ん中という立地条件の図書館として、新しい民間運営の公立図書館のひとつの方向性を、あえて振り幅を大きくして極端過ぎるくらいに打ち出そうという姿勢は間違っていないと思います。
どうせやるなら、頭が硬くてバカな公務員には作れない斬新な図書館をドンドン作ったれ!と煽りたくなります。
ただ・・・新機軸を打ち出すのはけっこうですが、肝心の書架(本棚)に魅力が全く感じられないのはいただけないなあと思いました。
ラインナップがパッとしないのは貸出中の蔵書が多いからか、と好意的に考えたりしたのですが、書架の空きスペースがさほどでもないので、これが基本の品揃えなのだろうなあ。

なんかさ、新しいことをやるなら、従来の基本をむしろ従来以上にきちっと押さえないと、却ってかっこ悪くないか?
そんなの、手が回らない?
ならやめろよ、と思います。

最後に、キャレル席(個人用ブース席)というネーミングに引っかかりました。
キャレルなんて語は一般的じゃないと思います。
わかりづらいです。
こういう方向でのわかりづらさは図書館的にはNGでしょう。
図書館の存在意義と逆なのでは?

以上、図書館業界の末席でキレイゴトを叫ぶ、でした。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-01-13 23:31 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

新宿に行って勝間和代を考える   

新宿に行ってきました。
思いのほか、東急ハンズに長居。
ハンズは割引もないし、ほぼいつ行っても人が多いのですが、好きなお店です。
ほとんど買わず、たいてい見るだけですけど。
ハンズで検討して、他の安い店や通販で買うパターン。

その後は行きつけのルミネ1のブックファーストへ。
本が売れない、出版不況(出版だけじゃないでしょうが)と言われて久しいですが、都心の本屋さんって、どこも、いつ行ってもけっこう混んでる気がする。
立ち読みだけなのか?とも思うけれど、レジもけっこう並んでいる印象なんですけど。
一極集中ってことなのかなあ。

勝間和代さん、ついに不可侵にすべき領域に足を突っ込んじゃった!?
私はこの方の本は一冊も読んでいないので、香山リカさんの著作など、世間が作ったイメージというか色眼鏡を介して見ているのですが、大晦日はとうとう紅白の審査員席にまで進出してましたね。

紅白は途中から見たので最初、誰かわからず、遠目に見て「すっごく無愛想な松坂慶子?」と思ったよ。
往年の美人女優を彷彿させたわけですから、勝間和代的にはなんら失敗ではなかったといえるのでしょうが(杉山愛ちゃんの力の入り具合がすごかったけど、あれはどうなの?)、この、ついに紅白審査員席までの「到達感」(達成感とは似て非なる)といい、新刊『結局、女はキレイが勝ち』といい、世の筋金入りのカツラー達はどう見て、いかに咀嚼しているのでしょうか。

今日、ブックファーストでこの新刊を立ち読みしましたが、正直、なんの慧眼さも感じられない浅い本という感じだったなあ。
面白そうだったら買ってもいい、ぐらいに思ってたんですが、立ち読みで充分でした。
この人は今までもこういうことを言ってきたのか、それとも、このセンセーショナルなタイトルの本だからこういうことを書くのか、そもそもホントに全部自分で書いてるのか、判断できないのが残念、と一瞬思いましたが、どうだっていいか、そんなことは。

同じ能力なら人は見てくれのいい方に目がいくものだし、キレイになる努力は得でしょ、という論旨はうなずけます。
同感するという意味のうなずきではなく、そういう考え方はわかります、という意味。
ただ、このジャンルなら、長年このジャンルを考察し続けてきたあの斎藤薫さんの本の方が深いし、私は百倍は参考になりますね、あらゆる意味で。

でも、好奇心でさっき検索したら、『結局、女はキレイが勝ち 』は私の予想以上に悪評の嵐で、そりゃもう凄くて、あそこまでボロクソに言われていると、むしろ「百戦錬磨の出版社におだてられてそそのかされて判断力を誤ったんだろうな。お気の毒に勝間和代さん」という気持ちにもなりました。

なにしろ、マガジンハウスですからねえ。
ananなんて一見ファッション誌に見せかけていますが、最近じゃあ芸能人を媒介にした生き方模索雑誌。
まるでPHPみたいだもんね。
3号に1号はジャニーズ事務所のコバンザメみたいな特集だしさ。

検索で付け焼き刃的に勝間和代さんに詳しくなった気分の現在の私ですが、「親友が広瀬香美」という情報に爆笑しました。
微妙度が絶妙っていうか。

勝間和代さんが今後宗旨変えをするのは勝手ですが(そのうち「勝間の勝手」とかいうシフトチェンジを既成事実にする本を出したりして)、物書きという職業には、書くものや発言に対する責任が生じるはずなので、カツラー達にまで『結局、女はキレイが勝ち』が悪評なのであれば(「裏切られた」という、それはそれで間違った感想がいっぱいでした)、的外れの批判だとしても、とりあえず信者に幻想というハシゴを上らせてから外した、という意味で無視すべきではないんじゃない?と思ったりしました。

でも、勝間和代さん、確かにキレイになりましたね。
林真理子さんに「綺麗な人」と言われるようになったのは、四十歳を過ぎてからでした、と言われるよりは説得力があります。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-01-03 23:11 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

すいかのロケ地に行く   

この夏、必ず実現させよう!と友人Sじと誓い合っていた<ドラマ「すいか」ロケ地訪問>に行って来ました。

5年も前のドラマに今更どっぷりハマって、DVDを何度も見返したり、シナリオ集を入手して、ドラマのセリフとの違いを検証してる自分ってどうよ?と思ってましたが、ついにロケ地訪問にまで手を出しました。

ドラマの舞台になった「ハピネス三茶」のロケ地は、実際は三軒茶屋ではなく、川崎市多摩区宿河原です。
最寄り駅はJR南武線宿河原。
ここに、電車の線と時には交差しながら二ヶ領用水(にかりょうようすい)というのが走っているのですが、この用水路沿いが、「すいか」の主たる撮影場所なのでした。

二ヶ領用水は、近隣では桜の名所としても有名らしく、mixiの「すいか」のコミュニティでも、近所に住むというメンバーの「訪問するなら桜の時期がお薦めですよ~」というコメントがありましたが、私はどうしても「すいか」の舞台となった季節である夏に行きたかったんですよねー。

本当は先月、本格的な夏のうちに決行する予定だったのですが、天候不良のため順延。
一度はめっきり秋めいてしまったので、「夏の間にすいかのロケ地に行ってすいか気分に浸るのは来年に持ち越しか!?」と諦めたものでしたが、今日は夏日で、絶好のすいか日和と相成りました。

ドラマや映画のロケ地に、それを見る目的だけで行く、なんて初めてのことでしたが、本当に行って良かったです!!
まんまドラマ「すいか」の風景が広がっていました。
もちろん、ハピネス三茶のセットはとうに撤収されていましたが、そこに至る小道はドラマどおり!
a0099446_95410100.jpg


ちなみに、逆向きの画像ですが、ハピネス三茶のセットはこんな感じ↓
a0099446_1004173.jpg


「このあたりに穴が開いてて、絆ちゃん(ともさかりえ)が土の匂いを嗅いでたよね」とか、「まだ無名だった上地雄輔が、教授に賄賂の松阪牛を渡したのはここだ!」とか、おおいに盛り上がりました。

ハピネス三茶前の二ヶ領用水もすごくすごく気持ち良かった。
人もいなくて、桜の木々が心地よい日陰を作っていて、のんびりまったり「すいか」を振り返ってしまいました。
お約束どおり、靴を脱いで、水に足を浸けてもみました。
でも暑いとはいえ、さすがに秋。
長くは浸けてられませんでした。
けれどひんやりして心地よかったです。
a0099446_9544168.jpg


手垢まみれの言い草ですが、世俗のしがらみをしばらく忘れたなあ。
職場のすったもんだなんか屁だ!と思えた。
すぐに世俗に還っちゃうわけですけどね。

宿河原は溝の口という駅を経由して行きましたが、溝の口は、私は上京して初めて働いた会社がある場所です。
なのでなつかしかった‥と書きたいところですが、すっかりなにもかも変わってしまって、なつかしいとなど全く思えませんでした。
そりゃあ、数十年ぶりっすからねえ。
[PR]

by kuni19530806 | 2008-09-13 23:52 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

図書館総合展   

パシフィコ横浜で開催されている図書館総合展に行く。
一昨年に行って以来、二度目です。

自動貸出機は職場にあるせいか、自動返却機や自動仕分け機、自動資料状態変更書架、自動予約資料受取書架、などの、ICタグを使った、どこか近未来的なあたかも「20世紀の子どもが思い描いた未来の図書館」的な展示は、正直、私はあまりそそられません。

なんかね、こんなことを言うと時代錯誤っていうか時代に逆行してるのが明らかなんで大きな声では言いづらいんですが、図書館員が実際に本に触れる機会を減らす機器の充実が図書館の未来を明るくするとは全く思えないのですよ、私は。
忙しいときは「自動配架機や自動書架整理機があればいいよね」などと冗談で言うことはあるし、そういう単純作業(便宜上、そう言います)を減らして、図書館員は選書やレファレンス業務に費やす時間を増やすべき、という考え方も理解はします。
しますが、実際に書架に足を運ばない図書館員の選書やレファレンスが的を射ているとは決して思えない。
図書館員が自分の職場の書架に足繁く通う理由は、書架整理と配架しかありえないはずなので、そういう労力を厭うくせに「自分は図書館員として優秀」ぐらいに思ってるヤツはニセモノだと認定してます、ひそかに。

ってなわけで、どっちかっていうと、自分以外の図書館員向け(実際は私がアナログなだけですけどね)の展示会という感じのする図書館総合展に、実は行くつもりはありませんでした。
なのになぜ行ったかというと、2年前からひとりで<じてんしゃ図書館>を展開して全国行脚をしている土居一洋さんのフォーラムがあったので、それが聞きたくて。

最初、予備知識は全くありませんでした。
ただ、こういうご時世、そういうターゲット向けの図書館総合展に、どうして<じてんしゃ図書館>?と、その浮き加減に興味を持ちました。
だって、これ以外のフォーラムはほとんど「これからの図書館」的なテーマ。
じてんしゃ図書館は浮きまくってた。
しかもこの土居さんはまだ28才。
当初は、自転車図書館ってのは、定年した方が、昔の紙芝居屋さんよろしく、自転車に本を積んで、近所を巡回してるのかと思いました。
それはそれで、なにかおもしろい話が聞けそうだと、フォーラムに申し込むことにしたのです。
が、土居さんはそういう人ではなかった。
詳しくはここ

実際、フォーラムでの講演を聞いて、土居さんのやっていることに百%賛同したわけではありません。
正直、話がたどたどしかったし、着物スタイルはやり過ぎだという気がしたし、あまりに直情型過ぎて危うい感じもしました。
でも、だからこそ、心に響くものもあった。
武骨さとか不器用さとか単純さがすごく新鮮で、そのへんの編集者や図書館員が言ったらむしろ裏を感じる「本にはすごい力があると思うんです」という言葉が、素直に聞けました。

彼の話でいちばんウケたのは「将来の夢は?」という質問の答え。
「狩人」だって!
でも、大笑いしたのは私だけだったみたい。
一緒に行った同僚に「すごいウケてましたよね」と言われました。
そりゃあ、ウケるよ。

主催者の朝日新聞のブースに、彼の水車型じでんしゃ図書館が展示されてました。
あの講演を聞かなきゃこれを見てもうわっつらしか響かないでしょ、という意味でも、フォーラムに参加してよかったよ。

おもしろかったです。
[PR]

by kuni19530806 | 2007-11-07 22:27 | お出かけ | Trackback | Comments(0)