2014年 06月 03日 ( 1 )   

仕事雑感   

小学校で働くのって(といっても週に2日だけだけど)こんなにもいろいろ思うことがあるとはね。
考えてみると、自分が離れてほぼ40年、一度も真剣に「小学校」のことを考えたことなどなかった。
子どもがいないからね・・と言いたいところだけれど、それでいいのかなあ。
小学校のことを、教職員や教育委員会や通わせる親だけに任せていいのだろうか、ぐらいに思う、今は。

私が通っていた時代よりはずっと風を通す場になっているかと思いきや、体裁だけはそうなっているけれど、実際は全く変わっていない、どころか、形や周囲の目を意識するあまり、むしろ風通しは悪くなっているのではないかという印象。

今のところでこれからも働くとしたら、もっともっといろいろ思うことになるのだろうなあ。
そして、1ヶ月半にして、公立図書館と学校(小学校)図書室って違うなーと痛感するばかり。
自分がいた公立図書館は特に新館ばかりで、資料費も今思えばかなり潤沢だったので、学校図書室との違いはすごい。
半分の蔵書は、どう考えても除籍⇒廃棄候補だ。
ボロボロの30年ぐらい前のシリーズが、冊数合わせのためにデンと書架に並んでいる。
どこから手をつければいいかわからん。
週に一度しか行けないし、学校に直に雇われているわけでもないし(ここが特にネック)。
ついでに言うと、2校が混同して、「この書類、どっちの副校長先生に出したっけ?」が日常のトホホっぷり。

やることは無尽蔵にあるが、授業利用が入るとそれが最優先。
そのこと自体に文句はないが、授業が入った時点で予定していた作業は突如中止になります。
来週はオリエンテーションフェスティバルで、1、2、5時間目は私がやります。

もう、声を枯らす覚悟。
[PR]

by kuni19530806 | 2014-06-03 21:40 | 仕事 | Trackback | Comments(0)