2012年 11月 26日 ( 1 )   

房総のローカル線日帰りの旅(画像ふんだん)   

職場の同僚、計5名で房総のローカル線日帰りの旅へ(←今、ネーミングを決めた)。

わが社には優秀なツアコン企画担当がいるので、それに乗っかり、自分はノープランで参戦。
いや、でも、小湊鉄道、いすみ鉄道には一度乗ってみたいとずっと前から思ってたのだ。
そして紅葉狩りには絶好のシーズン。

五井にほぼ10時着の電車内で集合して、お弁当を買い、そこからは1両編成の小湊鉄道
a0099446_10362391.jpg

そして2両編成のクリスマス仕様に車内がディズプレイされたいすみ鉄道を乗り継ぎ、外房線の大原に出た。

途中、小湊鉄道の養老渓谷駅
a0099446_10381531.jpg

こちらは駅前
a0099446_13443514.jpg

で念願の足湯へ。
気持ちよかった~~~♨♨
写真はわが社の優秀なプランナーが撮ってくれた私の秘蔵(笑)足湯画像。
a0099446_1036980.jpg

夜まで足が温かかった。
駅猫もいた。
a0099446_103992.jpg


足湯浸かり後は、空模様が、小雨から土砂降り&強風という台風的な様相を呈し出し、いすみ鉄道乗車中はほとんど車窓から紅葉が拝めない状況に。
でも、いすみ鉄道のムーミン電車は、窓にキャラクターがいっぱいだったし
a0099446_10371896.jpg

揺れはけっこう激しかったものの、車内はぽかぽか快適のほぼ貸切状態だったので、気持ち良くて、ついついうとうとしてしまった。
弁当でお腹いっぱいの上に、足湯で体内の毒素が排出されたせいか、心地よく気怠かった。

お天気のせいで、予定していたコースいくつかは諦めざるを得なかったけれど、5人でくだらないことをしゃべったり黙ったり居眠りしたり、そして何より電車に乗ることを満喫できたので、とても楽しかった。

私は1、2両編成のローカル電車が好きかも。
好きっていうか、乗るとやたら郷愁を感じる。
子供の頃、まだ小学校に入るか入らない当時、私は福島県伊達郡梁川町(現在の伊達市)というところに2年間住んでいたのだが、梁川町と福島市はけっこう長い距離、路面電車で結ばれていた(今、調べたら全長31.5キロだそうな)。
当時、母親の趣味(?)で、月1ペースでそこを往復して福島市の中合デパートに通ったものだった。
そしてその後、引越しして小学校2年生~中学校卒業まで住んでいた福島市北部地域は、「飯坂電車」と呼ばれる福島交通の鉄道が走っていて(今もある)、そんなこんなで、ローカル電車に思い入れがあるのかも。

乗っているだけで満たされる感じ?
ま、今回は満たされ過ぎて寝たけどね。

大原に着いたら、嵐のせいで外房線が止まりかけていて、1時間半以上、足止め。
でもそれさえも楽しかった。

同僚の方々、ありがとう!
[PR]

by kuni19530806 | 2012-11-26 23:34 | お出かけ