2012年 09月 30日 ( 1 )   

気の持ちようの幸福論   

小島慶子『気の持ちようの幸福論』(集英社新書)を読む。

相変わらずだなあ、小島さん。
もう、幾通りもの意味で、相変わらず。

この本は小島さんが書いたのではなく、彼女が話したことをライターが文字に起こしたもの、だそうです。
構成、編集協力、者の名前が表記されています。

口述筆記とも厳密には違う、「インタビューを読みやすく原稿にまとめた本」って最近は多いのだろうか。
なんとなく、すごく多い、多くなってる気がする。
昔はあからさま(?)にゴーストライターと称される人々がいたようで、主な活躍の場はタレント本で・・というのを素人もうっすら知っていたが、その幽霊書き手の名前が本に表記されることはなかった。
暗黙の了解、様式美(←この比喩は間違ってるか)の世界だった。

この手の話でつとに有名なのは、アイドル時代の松本伊代がインタビューで「最近、本を出されたそうですね。どんな内容ですか」と聞かれ、堂々と「まだ読んでいないのでわかりません」と答えたという話。

とにかく、以前は、インタビューを文字に起こしたものでも、丸ごと一から十までゴーストライターの手によるものでも、それが明かされることはなかったのに、最近ははっきり書いちゃうんだねー、それは全体的な風潮?それとも小島慶子さんだから?
と思った、まあそれだけの話です。

そんな内情(?)を知らされて読んだせいか、終始、彼女の書いたものを読んでいるというより、彼女の話を聞いている感じがしました。
もっといえば、あの今はなき伝説のラジオ番組「キラ☆キラ」で時折、スイッチが入って堰を切ったように自分の思いのたけをアツく語る小島慶子劇場を聞いているような感覚でした。

これは、「せっかく活字で読んでいるのにがっかり」という気持ちとセットではなく、「やっぱり、小島慶子さんはラジオだな」という思いとセットです、どちらかというと。
活字なのだから活字ならではの、小島慶子さんの文章そのものを読みたい、という気持ちももちろんありますが、私にはそれより、ラジオの小島、小島のラジオ、に強めの気持ちがある。
彼女が個人的に発信してたネットラジオも聞いたけれど、やっぱり通常の、できればAMラジオでの小島さんのしゃべりを聴きたいです。

私はたいていいつも、小島さんの話の7割ぐらいに共感します。
この本もほぼそのぐらい。
2割はよくわからなかったりどっちでもよかったりで、残り1割は「ちょっと違うんじゃね?」と感じる、だいたいそんな感じ。
これって自分で言うのもなんだけど、すごくまっとうな比率だと思う。
自分の周囲、家族や友達に対しても、このぐらいの共感率がちょうどいいんじゃないのだろうか。
私なんかは、もし、10割共感!とか言われたら気持ち悪いです。
ま、言われたことはないわけですが。

小島さんはすごくはっきり思いを発する、言葉も強めの印象の人なので、受け手も残りの1割の「それはちょっと」がけっこう強調されて残ってしまうけれど、基本的にはそんなにトンガったことを言ってるわけじゃないと思う。
なんであんなにアンチが多いのか不思議なくらいだ。

この本でもいろいろ共感箇所があったわけですが、特に、ああそうだなあと思ったのは、たとえばダメ男と付き合って別れて、あんなヤツと付き合うんじゃなかったと思ったとしても、付き合っているときに感じた楽しさや幸せな気分はなんら否定されるものではないってくだり。
親だってそうで、どうしようもない親だったり、小島さんと母親のように長く確執めいたものがあったとしても、子どもの頃の自分が丸ごと不幸だったわけじゃなければ、子どものときに感じた親を必要としたり、甘えたり、手を繋いで安心した、気持ちがウソなわけでもなければ否定すべきものではない、と。


テレビで「毒舌」的役割を振られている小島慶子さんより、ラジオで真剣に不器用な生き方を晒す小島慶子さんの方が百倍魅力的なんだけどなあ。
a0099446_2153019.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2012-09-30 21:05 | 読書 | Trackback | Comments(0)