2012年 05月 16日 ( 1 )   

晴れ   

今年のアタマからやっている部屋(ってか2階全体)の大掃除というか模様替えは実はまだ終わっていなくて、今日の午前中も洋服の整理などをしていました。
朝の6時台から。
早く起きてしまったもんで。

モノを減らすとスッキリしますが、捨てるモノに対して罪悪感も抱きます。
私のような、モノを管理できない人間じゃなくて、ちゃんとした人(!)に買われたりもらわれたりしてれば、もっといい状態で長く使われたかもしれないのにゴメン、みたいな。
いくら、もう何年も着てないしこれからも着ないことが明らかな、もらい手もいないに決まってる寂れ品でも、えいやっという思いっきりというか見切りをつける気持ちを動員しないと廃棄できません。
なので、元気なときか、今日のように天気が良くてうっかり気持ちも明るいかもと誤解してしまうような日じゃないと、モノは捨てられないかも。

それにつけても今日は本当にいい天気だ。
洗濯機回し日和だ。
日常関係、作業服関係、寝具関係、冬物関係、と4回もやった。
どれも3~4時間でカラッと乾いた模様。
気持ちいい。

午後、テレビをつけたら「スタジオパークでこんにちは」に小島慶子さんが出てた。
スタパ、時短になって以来初めて見たけれど、物足りないことこの上なし!
スタパの前のクイズ番組、要らなくね?
ホールドミーだかホールドオンだかわからないけど、あの時間の帯クイズ番組って唐突過ぎませんか?
どこを狙ってるんだろう。
ポジションとしては、平日のパネルクイズ21?
ぐっさんは児玉清?
いろんなことが中途半端な気がする。
番組内だけで中途半端ならしょうがないけど、スタパにも波及してる感じで、NHKの意図がわかりません。

やっぱり、生で人を呼んでインタビューして質問を募って番宣するなら、45分は欲しい。
っていうか、最初から今の尺なら「そんなもんか」だけど、まるで何事もなかったかのように番組は存続し、時短だけしてるから、やたら全てが急ぎ足な感じ。

今までは「ゲストの人間性を引き出そう」と「番宣しよう」が並列だったのが、4月からは後者がメインで「ゲストの人間性」はおまけになったってことなんですかね。
まあ、45分だろうが2時間だろうが、尺があれば人間がわかるかも、なんて思う方がオメデタイのかも、というのはある。
今までも、ゲストによっては間延びして感じられる回もあったから、いっそコンパクトにうわっつらだけ方式を採用したってことか。
あと、「あさイチ」でもプレミアムトークと称して時々スタパのようなことをやっているから、軸足を午前午後に分散させたってことなのかもしれません。
あさイチの方が、爆弾トークを引き出すホストが手ぐすね引いてる感じもあるし。

ちなみに、明日のあさイチのプレミアムトークは中山秀征だそうです。
いったい誰が彼の素顔を知りたいと思うのだろうか。

あ、そうそう。
小島慶子さんのことでした。
尺のわりに健闘してました。
ちゃんと現在の自分のキャラというかポジションをムダのないトークで説明してました。
さすがだなあと思った。
司会のふたりは、ふだんの予定調和ホストトークがことごとく打破されてすごくやりづらそうでしたけどね。
面白かった。
ただ、平日の午後1時台にテレビで小島さんの話を聞く違和感はあります。
ネットラジオとかスペシャルではなく、レギュラーで、できれば帯でラジオをやって欲しいな、やっぱり。
もうどこの放送局もビビってダメなんだろうか。
もったいない。
[PR]

by kuni19530806 | 2012-05-16 15:47 | テレビ