2011年 09月 25日 ( 1 )   

オーケストラ部の演奏を聴き、ディープな猫カフェに寄る。   

職場の同僚のお嬢さんの学校の文化祭に行って、オーケストラ部の演奏を聴いてきました。

中高一貫校の文化祭!
現在の私からはいちばん遠い場所みたい。
演奏、よかったです。
上手い!
90人という大編成。
コントラバスも7人もいましたが、同僚のお嬢さんがいっちばん真剣な顔で弾いてた。
真面目さがビシビシ伝わってきました。

なんだか訳もなく感動してしまいましたよ。
『船に乗れ!』的恋愛模様や楽器同士のなんだかんだがあったりするのかなーと下世話なオバサン目線をちょっと持ったりして。
演奏は40分ぐらい。
時間どおりに始まって時間どおりに終わるという、とても好感の持てる演奏でした。

行きは最寄り駅からバスで行きましたが、帰りは歩いてみました。
途中、喫茶店に入ったのですが、これがもんのすごくディープな猫カフェでしたよ。
今、ネットで検索してみたけれど、ほとんど情報がありません。

通りを歩いていたら、ドアのガラス越しに店内の猫と目が合いました。
いわゆる「ガン飛ばし」ってヤツですか。
そりゃあ、入りますよ。
デカい身体で不敵な面がまえの猫のくせに、いざ店内に入ったらゴロニャンと甘えてきました。
でも、写真を撮ろうとすると顔をそむけられました。
a0099446_2024777.jpg


店はカウンターのみ。
6席ぐらい。
アンティークというか古民家というか薄汚いというか(店の半分はなんだか倉庫っぽい)、でもママさんはすっごく感じがいい。
こっちが座ろうとするやいなや、申し訳なさそうに「うちはコーヒーしかなくて、ミルクも砂糖もありませんけど大丈夫ですか」と言う。
「はっ!?・・ああ、大丈夫です」と答える。
微妙なタイミングでの告知。
ま、私はふだんからどっちも入れないからいいんだけどさ。

カウンターには、猫の置物が所狭しと並んでいます。
a0099446_2031959.jpg

a0099446_2034987.jpg


可愛い系ばかりではなく、こんなものも。
a0099446_2042494.jpg



そして「こんな猫をもらってやって下さい」の告知板。
大きな写真付き。
どの猫も可愛い。
心が動く。
じいっと見入っていると、ママさんに「よかったらホント」と言われる。

ガン飛ばしの看板猫、写真には映ってませんが、足がおもいっきりグウで可愛い。
入口にいるのが飽きたのか、いつのまにか客の足元を堂々と通り、奥の寝床へ。
目で追ったら、奥にももう1匹いました。
こっちはいびきをかいて寝てました。

しかし、すげえ喫茶店だった。
ホットとアイスを頼んだら、お会計は1250円でした。
個別の値段は聞きそびれました。
予想、アイスコーヒー550円、ホット700円。
なんか、すっごくホットコーヒーにこだわりがある感じだったので。
アイスはやっつけ感あり。

ママさんに最寄りの駅までの道を聞いたら(実はちょっと迷っていた)、「けっこう遠いですよ。あ、今、地図を描きますね」と描いてくれました。
なぜかシミだらけ(コーヒーのシミと信じたい)のメモ用紙でした。

帰りがけ、奥から麿赤児みたいな、思わず二度見しちゃいそうな迫力のある男性が出てきて、すごく丁寧に「ありがとうございました!」と言いました。

なんなの!?いったいなんなの、この店。
店名は「と庵」。

誰かこの店を調べてくれぃ!
と思ったら、情報を発見!
これ。

あれま、素晴らしいHPがあったんじゃないの!
ここまで書いてきた「魔窟感」が否定されそうな明るい内容のHPですけど、文章はこのままUPする!
だって、怪しいお店だったもの。

コーヒーは美味しかったです。
ま、私は煎れ立てはほとんど美味しいと感じるレベルでのコーヒー好きなんですけどね。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-09-25 20:04 | お出かけ | Trackback | Comments(0)