2011年 08月 14日 ( 1 )   

ついに来たかと思った   

夕方、夫の不在中、突然我が家の電気が消えました。
常時使用分(冷蔵庫とか茶の間のテレビとか)プラス、2台のエアコンと炊飯器と電子レンジとオーブントースターあたりをいっぺんに使うとブレーカーが落ちることがたまにありますが、今年の夏はさすがにそういう使い方はしていなくて、特に電子レンジは最近めっきり使っていないので、今年の夏はブレーカー落ち数は今のところゼロ。
このまま行くと思っていたので電気が落ちてビックリしました。
イレギュラーな、たとえばアイロンやドライヤーでも使ったのかしらと思いきや、さにあらず。
ブレーカーを確認したところ、落ちてない!
ご近所を見渡すと、なんだかいつもより静か。
お向かいの、ふだんはテレビ大音量のU川さんちもしんとしてる。
まだ外は明るいので家の照明では確認できないけれど・・やっぱりうちだけじゃないんでないの!?

すわっ!ついに怖れられていた東京大停電が来ちゃったか!お盆の日曜日でみんな油断していたけどその油断こそが危険なのかもっつうかもしかして余裕ぶっこいて東北に電力を貸し過ぎたとかさでもそういうんだったらまだマシで余裕があるはずなのに理由がわからず停電になったってのがいちばんタチが悪くね?あーどーすんだよ冷蔵庫の中身そして炊き途中のごはん!今夜はエアコンも扇風機もなしかよ参ったな。

などなど、私の脳裏には次から次によろしくない想像予想が湧き出てとまりません。
とにかく、今家に居るのは老夫婦と病気の老犬と私だけだ。
オレがしっかりせねば!と思いました。

とりあえず状況を把握・・したくてもテレビはつかない。
乾電池式のラジオも手元にない。
で、区で発行している便利帳の裏表紙の「電気でなにかお困りのときは」のフリーダイヤルに携帯から電話してみました。

私「あの、今、○○区で停電とかしてますか(完全にそう思い込んでいる私)」
東電「いえ、そのような情報は入っていませんが」
私「そうなんですか!?ブレーカーが落ちてないのに停電しちゃったんですけど」
東電「でしたら見に伺いますのでご住所とお名前と連絡先の電話番号をお願いします」

-私、住所と名前を言った後、家の電話番号を言いそうになって、あ、停電じゃ通じないもんなとあわてて携帯の番号を言おうとするが、自分の番号がとっさに出なくて右往左往する-

東電「念のため、今、ブレーカーのところに行っていただいてもよろしいですか」

-ここで、夫の父母が懐中電灯がどうしたとかラジオがあったはずとか、私の隣で話し出す。夫の父は耳が遠い。その上、私が近くで電話でしゃべっているので通常より母の声が聞き取れない父はふだんにも増して大きな声で話す。母が負けじと大声で言い返す。嫁は「あ、スミマセン。電話の声が聞こえないんで」と二人を制する・・。
電話口の向こうの人間からは、停電でパニクってる一家、と思われたらしく-


東電「あの、大丈夫ですか。停電でどなたかケガでも?」
私「あ、大丈夫です。ブレーカーは上がったままです」
東電「ブレーカーの隣の漏電感知器も上がってますよね」
私「へっ?ローデンカンチキ?ブレーカーの右隣のですか。・・下になってます」
東電「ああ、そうですか。ではそれを上げて復旧していただけますか」
私「はい。・・あ、点いた」

-背後の父と母から「点いた点いた」の声-

東電「では、その感知器の誤作動が原因だったと思います」
私「す、すみませんでした!!てっきり、ウチだけじゃないと思って。で、でも、漏電感知器が作動したってことは漏電してるんじゃないんですか。勝手に復旧させていいんですか」
東電「感知器は敏感に反応するのでなにかの拍子に落ちることがありますが、もし本当に漏電していたら復旧しようとしても上がらないことになっていますので、大丈夫です」
私「はあ・・。お騒がせしました」

という顛末でした。
たかだか20分程度の停電でしたが、大騒ぎして大汗かいて疲れた。
電話で伝えた住所や名前や電話番号は個人情報流出にうるさいご時世、記録されることはないかもしれないけれど、あわてもの一家としてあの担当者の脳裏にはグリグリと「記憶」されるんだろーな。

日が落ち、家の灯りを点ける段になって、本日は近所はこぞって外出中であったことを知りました。
お盆だもんね。
静かなのも道理。
人間、思い込むとなんでもその方向に解釈するものだということを身をもって知りました。

このたびの実害
ご飯に芯ができた。
以上!
[PR]

by kuni19530806 | 2011-08-14 23:57 | その他