2011年 07月 19日 ( 1 )   

蹴球   

夏風邪をこじらせ、よれよれの三連休でした。
海の日は出勤だったのですがダウンして起き上がれず。
本日は起き上がれるようにはなったものの、丸2日間程ほとんど水分しか摂取していなかったせいで身体に力が入らず、今日の午後あたりからやっとふわふわしなくなりました。
「薄紙が剥がれるように回復中です」。

私は食べないとソッコーで顔に出るタイプです。
目が落ちくぼみ、三重まぶたになります。
今もなってます。

そんななか、気を紛らわそうとけっこうテレビをつけたので、なでしこジャパンに突発的に詳しくなりました。
ま、日本中、こぞってそうでしょうけど。

私はサッカーにとても疎く、ふだんはほとんど見ないのですが、今回、女子の試合をちょこっと見て、実は自分も高校時代の体育の授業でけっこうサッカーをやったことを思い出しました。
いや、忘れていたわけじゃないんですが、年月が経ったわりにリアルに思い出しました。

私の高校は、なぜか体育は男女同じものを、しかも入り乱れてやる、が校風だったので、バスケットもサッカーも人数の少ない女子が男子に混じってやったのでした。
もちろん、男女の体力差は歴然としてましたが、それでもふつうに一緒にやってたなあ。
分かれるのは男子が柔道剣道、女子が家庭科、だけだった。
水泳も一緒に泳いだ。
水泳のテストにはトラウマがある。
あー思い出したくねえ!

サッカーは、ひたすら走って、吐きそうになるほど疲れた記憶ばかりですが、たま~にとんでもない場所から強引にシュートをしたりして、味方チームの男子に「いぐらなんでも無理だべや~」と呆れられてた。
「近くで狙ってもどーせ入んないからいいの!」とか言い返してた。
小学校のフットベースボールで培ったせいか、けっこう蹴り力だけはあったのだ。
っていうか、大雑把な性格は昔からだったんだ、私。
若いときは慎重だった、と思っていました。
よく雪上サッカーをやってたっけ。
雪の日、「今日の体育はサッカー」と言われてもふつうに文句も言わずに校庭に集合していた俺達。
今思うと、素直で元気でしたね。
自分的にはバスケットの方が10倍ぐらい得意でしたが、サッカーで子犬みたいに走り回るのもキライじゃなかった。

病み上がりだし、自分がトシ食ったと思い知らされるばっかりの懐古だわ。

しかし、なでしこジャパンはかっちょよかった。
スポーツはダイレクトにグッときますね。
わーいわーい!!と手放しに笑える話題に飢えていたのかもしれませんね、やっぱり。

ところで、澤選手の一時代前に、高倉麻子さんという福島出身のわりと美形のサッカー選手がいましたが、彼女はどうしているんだろう。
解説とかもしてないみたいだ。
ま、ウイキペディアで調べればわかるんだけどね。

福島はまた試練に立たされてるなあ。
もう福島だけじゃなくて久しいけれど、どんどん窮地に立たされてる故郷を見るのは忍びない。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-07-19 22:23 | その他