2011年 03月 06日 ( 1 )   

稀有な1日   

職場のオープニング記念イベントの日でした。
有名なフードスタイリストさんをお招きしてのトークイベント。
こう書くと、ほぼ誰かわかっちゃいますけどね。

思えば、職場で最初に私が彼女の名前を出したのは、まだ足にギプスを装着していた頃だから・・・去年の8月ぐらいだったと思います。
開館準備でやさぐれていたので、逃避行動のように夢見がちに語って、ダメモトで依頼してみたのですが、まさか実現するとはねー。

言い出しっぺだったので、私が進行役をしたのですが(1人ではありませんが)、最初の私からの質問は「なぜ来てくれたんですか?」でした。
満員(70人)の会場にドッと笑いが起こりました。

自分で言うのはナンですが、今日は大成功でした。
勝因は
①講演会にしなかったこと
②台本を作ったこと
③テーマに沿った画像を30枚準備してもらい、プロジェクターでそれを見ながらユルく話してもらったこと
④もう1人の進行役の相槌やコメントが完璧だったこと

でもなんといっても
⑤お招きした方の人柄
ですね。

人に好感を持たれる天分があるとしたらこういう人を言うんだろうなあ、という方でした。
大雑把さや無防備さや人前がちょっと苦手な感じも含めて、本当に感じのいい人でした。
自分の仕事に関するこだわりやプライドを覗かせる際も、表情を引き締めるんでもなく、ほんわりにこやかで。
なにより、いわゆる業界臭が全くしない方でした。

前後の打ち合わせや雑談を含めると、けっこうたくさんお話しをさせてもらいましたが、威圧感がないので(大柄でしたけど)話していても全く緊張せず、つい、サインや記念撮影をしてもらうのを忘れました。
ま、もともと、そういうメモリアルにはあまり興味がないんですけど、私。
そのわりに、家に帰ってきてからさっきまで、自分の作った台本を見直して余韻に浸ったりしましたが。

あとは、奇跡のように時間がピッタリだったことにもビックリ。
台本は作ったものの、事前に時間は全く読めませんでした。
本人が質問にどの程度のコメントをしてくれるかわからなかったし、写真1枚1枚にどう話が繋がっていくのか、会場からの質問がどう来るか、全て見切り発車!?でした。
なのに、なぜか完璧な時間配分になって、質問タイムも含めて予定時間ピッタリに終了しました。
終わった後、同僚に「どうやってピッタリに終わらせたの?」と聞かれましたが、「すごいでしょ。偶然」とコメントしました。

人生を長くやっていると、たまにはこういうこともあるんですね。
こちらの細かいミスはいっぱいあったし(許可を取ったのに録音し忘れた)、前日はけっこうアワアワして、プレッシャーもないことはなかったのですが、思ったほど緊張もしなかったし、参加者のアンケートが絶賛の嵐で「よかった」「まあまあ」「あまりよくなかった」の○印を付ける設問には「よかった」の前に「とっても」「すごく」と書いたり花丸を付けてくれる人も多くてちょっとビックリしました。

それはひとえにお招きした方の人柄というか魅力による高評価でしたが、中には何人か進行役を誉めて下さった奇特な人もいて、「感じがよかった」とか「写真を使った構成がよかった」「準備がタイヘンだったと思いますが、呼んでくれてありがとうございました」と書いてくれたり、「ホワイトボードに描かれた手書きの歓迎メッセージや開演前のBGMまで工夫されていて素晴らしかった」とか、こちらが泣けてきそうなメッセージまであって、うれしかったです。

今回は人気が凄くて、もしなかなか定員にならなかったら友人知人を募ろうと思ってましたが、キャンセル待ちの枠も含めてすぐにいっぱいになってしまい、来てもらえなくてゴメンのオトモダチがいっぱいでした。

当日までのキャンセルも1名で、ドタキャンもなく、予約していた人はほぼ全員来ました。

終わって、上司や同僚達にいっぱい誉められて、誉められることに慣れていない身としてはすごく居心地が悪かったですが、こういう、稀有な日もありかと、ヘラヘラしてました。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-03-06 23:45 | 仕事