すいかのロケ地に行く   

この夏、必ず実現させよう!と友人Sじと誓い合っていた<ドラマ「すいか」ロケ地訪問>に行って来ました。

5年も前のドラマに今更どっぷりハマって、DVDを何度も見返したり、シナリオ集を入手して、ドラマのセリフとの違いを検証してる自分ってどうよ?と思ってましたが、ついにロケ地訪問にまで手を出しました。

ドラマの舞台になった「ハピネス三茶」のロケ地は、実際は三軒茶屋ではなく、川崎市多摩区宿河原です。
最寄り駅はJR南武線宿河原。
ここに、電車の線と時には交差しながら二ヶ領用水(にかりょうようすい)というのが走っているのですが、この用水路沿いが、「すいか」の主たる撮影場所なのでした。

二ヶ領用水は、近隣では桜の名所としても有名らしく、mixiの「すいか」のコミュニティでも、近所に住むというメンバーの「訪問するなら桜の時期がお薦めですよ~」というコメントがありましたが、私はどうしても「すいか」の舞台となった季節である夏に行きたかったんですよねー。

本当は先月、本格的な夏のうちに決行する予定だったのですが、天候不良のため順延。
一度はめっきり秋めいてしまったので、「夏の間にすいかのロケ地に行ってすいか気分に浸るのは来年に持ち越しか!?」と諦めたものでしたが、今日は夏日で、絶好のすいか日和と相成りました。

ドラマや映画のロケ地に、それを見る目的だけで行く、なんて初めてのことでしたが、本当に行って良かったです!!
まんまドラマ「すいか」の風景が広がっていました。
もちろん、ハピネス三茶のセットはとうに撤収されていましたが、そこに至る小道はドラマどおり!
a0099446_95410100.jpg


ちなみに、逆向きの画像ですが、ハピネス三茶のセットはこんな感じ↓
a0099446_1004173.jpg


「このあたりに穴が開いてて、絆ちゃん(ともさかりえ)が土の匂いを嗅いでたよね」とか、「まだ無名だった上地雄輔が、教授に賄賂の松阪牛を渡したのはここだ!」とか、おおいに盛り上がりました。

ハピネス三茶前の二ヶ領用水もすごくすごく気持ち良かった。
人もいなくて、桜の木々が心地よい日陰を作っていて、のんびりまったり「すいか」を振り返ってしまいました。
お約束どおり、靴を脱いで、水に足を浸けてもみました。
でも暑いとはいえ、さすがに秋。
長くは浸けてられませんでした。
けれどひんやりして心地よかったです。
a0099446_9544168.jpg


手垢まみれの言い草ですが、世俗のしがらみをしばらく忘れたなあ。
職場のすったもんだなんか屁だ!と思えた。
すぐに世俗に還っちゃうわけですけどね。

宿河原は溝の口という駅を経由して行きましたが、溝の口は、私は上京して初めて働いた会社がある場所です。
なのでなつかしかった‥と書きたいところですが、すっかりなにもかも変わってしまって、なつかしいとなど全く思えませんでした。
そりゃあ、数十年ぶりっすからねえ。
[PR]

by kuni19530806 | 2008-09-13 23:52 | お出かけ

<< ギター弾きの恋 出星前夜 >>