父親の四十九日に福島へ行く   

父親の四十九日と納骨のために福島市に行ってきました。

遺骨や写真などを持って行くので車が必須となり、夫と共に早朝出発。
本当は飯坂温泉かなんかで1泊してちょっとのんびりしたかったのですが、夫は今日1日しか休みがとれず、義父をひとりにするのも心配なのでちょっと強行軍となりました。

車で福島に行くのは3年ぶりぐらい。
震災以降は初めて。
3連休、しかも東北は紅葉が始まっている絶好の観光日和の初日だったので、往路の渋滞が心配でしたが、浦和近辺でちょっと混んだぐらいで問題なし。
お天気もいいし、気温も暑からず寒からずでちょうどよかった。

11時からお寺で四十九日の法要があり、その後、少し離れた墓地で納骨をし、お昼を食べてトンボ帰り。
昼食をとった和風レストランの前は仮設住宅がズラッと並んでいて、一瞬、カメラを向けたのですが、それは、ここやTwitterでアップする目的みたいな気がして、なんだか違うなあとやめました。
仮設住宅の周辺には人があまりいなくて、休みだからこぞってどこかに行っているのか、家の中にいるのか、なんだかちょっとフシギな雰囲気でした。

そのまま、寄り道もせずに帰ることに。

帰りは佐野付近で渋滞。
雨も降ってきたりして、SAに入ったものの、夕方で、巨大駐車場にたどり着くのに15分ぐらいかかり、激混みのSAと渋滞情報に、これじゃあ家に着くのは何時になるかとちょっとクラっとしたものの、その後はホドホドに動いて、9時に帰宅。
復路は休憩コミで6時間半かかりました。

叔父からおすそ分けでもらった、会津の太郎庵というお菓子屋さんの詰め合わせが美味し過ぎる!
一推しの会津の天神さまというチーズブッセにはチョコバージョンとりんごバージョンも出てて、どれもすごく旨かった。
チーズまんじゅう、くいっちぃも美味しい。
血糖値が高いのに、いっぱい食べてしまったよ。

1枚だけ撮った写真。
行きの安達太良サービスエリア。
安達太良山はあの、高村光太郎の智恵子抄で有名な山です。
a0099446_20144390.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2013-11-02 23:19 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/18903653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冬のフロスト 薬屋のタバサ >>