久々のレスカ   

大宮の老人ホームにいる父親が入院した。
去年の3月に末期の肺癌と診断されて1年半近く、低空飛行ながら、特に苦痛も訴えることなく、老い先短い自分を鑑みて、今までの80余年を反省するでもなく、変わらない身勝手さと気分屋っぷりで、30年間ほぼ音信もなく、さほど思い出しもしなかったであろう娘に、結局は頼ることに躊躇もない、そんな父親。

この1年半、「死にかけていても父親に好感は持てない。それを踏まえて、亡くなった長兄の代わりに、ムリしない程度に父親の面倒を見る」というスタンスでやってきたが、正直、周囲の「なんだかんだ言っても血の繋がった父親なのだから、心配でしょう。いざとなったら心は動くでしょう」という気配が重圧に感じることもある。

自分が今も父親と距離を詰める気にならないのは、私が10才のときに、父親が、妻と子どもを全く顧みずに脱サラをし、それが失敗し、15才のときに離婚し、以来、連絡をとってくることもなかったという事実のせいではない。

父親が今もいけ好かないヤツで嫌いだからだ。

病気発覚以来、福祉関係者と接する機会が増え、当初は自分の父親に対する態度に心がない感じが見えることを気にする自分もちょっといた。
ケアマネに父親と自分の今までの関係を説明(ざっくりだけど)したこともあったし、いくらそういう事情があるとはいえ、自分は冷酷過ぎるのかと思ったりもした。

老人ホームのスタッフに「おとうさんは娘さんが来るとうれしそうです」と言われ、反省に近い気持ちを抱くことも正直ある。
でも同時に、そう思わせるような言動をとる父親があらたに不快で、それをただ「病気だから、年老いたから、そりゃしかたがないことだろう」と飲み込み、自分と父親の過去をなかったことにし、いけ好かないヤツだという気持ちを封印し、世の中の正しい娘のように父親に接するのはやっぱりできないこともわかった。

今日は、3週に一度の定期通院だった。
これは通常はホームがナースの付き添い下に行ってくれるので身内は行かなくてもいいのだが(頭が下がります)、今回はホームから「かなり衰弱してきていて、ずいぶんダルいようですし、足の浮腫もあるのでもしかしたら入院になるかもしれない」と言われ、同行した。
入院となると親族の同意が必要なので。
このように同行を求められたのは、ホーム入居1年で今回が4回目だ。

そして結果的に入院になった。
診察→検査→診察→入院手続き、などで、病院に5時間ぐらいいて、その間、ホームのナースともずっと一緒だったが、この方は、初回の同行依頼をしてきた人で、父親の性格、私と父親のぎくしゃくした会話をかなり見て、知っている。

初回の同行時は、私はこの方の存在がすごく気になった。
言動の言外(ってヘン?)に「実の娘なのに冷たくね?」という気持ちが感じられて。
でも、今回は待機時間が長く、父親を含め3人が待合室でぼおっとしている時間も長かったものの、その「誰も言葉を発しない」感じが自分でもほとんど気にならず、われながら「ひと山越えたかもオレ」と思いましたです。

しっかし、暑かったなー。
大宮は都内よりやっぱり暑いと思う。
内陸のせいか、風が弱いのか。
出かける前にアイスのことを考えていたので、「大宮に着いたらアイスを食べよう!」と固く心に誓っていたが、手頃な店がなく、ノドが乾いていたこともあって、代替え品は喫茶ジュリアンでのレモンスカッシュ。
レスカ、すっごい久々に飲みました。
[PR]

by kuni19530806 | 2013-08-09 23:05 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/18326997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みーる at 2013-08-23 12:39 x
私なら正しい娘ぶっちゃうかもしれない。
どうも、近い未来の自分とかぶる気がして、ついついコメントしてみました。
私も個人的に埼玉は暑いと思います。

6日の記事の中村さんの画、素敵ですね♪
あの銀座の界隈の中に展開されてたのかと思うと、ちょっと不思議の世界みたいに思えました。
Commented by マツモト at 2013-08-23 23:02 x
みーるさま

ついついコメントありがとうございます。
「私」にもいろんな時期があるんですよね。
正しい娘ぶっちゃったこともあるし。
結局、そのときどきの主流の「私」のご意向に添うってことなのかも。

中村亜都子さん、私の撮った写真では全然魅力が伝わらないなあとガックリしていたので、そう言っていただけてうれしいです。
本物は百倍はいいんですよ。

そして本当に埼玉は暑い!!

<< ダメをみがく: “女子”の呪い... 中村亜都子さんの個展に行く >>