近江屋洋菓子店   

そうだ!
自分のための備忘録なんだから書いておこう。

先週、忘れたくても印象的な面接玉砕日、やさぐれて、職場の同僚若干名に「全然ダメじゃった!」とメールしたら、私と同じく来年度の職が未定のYちゃんから「これからヒマ?ヒマならお茶しよう!お茶!」と返信が来たのでYちゃんちと私んちのちょうど中間地点である神田淡路町(というか小川町)の近江屋洋菓子店でランチをしました。

雑誌「天然生活」の甘いもの特集号に載っていたので、ぜひ行きたいと思っていたんだよねー。
っていうか、私は勘違いをしていたのだった。
神田神保町のグリューネ・アレー通りの柏水堂洋菓子店が近江屋洋菓子店かと。
天然生活を見て、「えっ!?神保町のあの店でこんな魅力的なランチをやってたんだー((((;゚Д゚))))」と思って、よくよくみたら、どうも違う店。
どちらも住所の頭に「神田」が付き、昭和レトロな響きの店名、という、わずかな共通点はあるものの、自分の思い込みに赤面。
それにつけても、グリューネ・アレー通りという名称、まだ生きてるんだろうか。
あの通りの象徴というか、存在意義みたいだったアーケードが亡き今。

近江屋洋菓子店の話でした。

ホント、昭和にタイムスリップしたみたいだった。
トレーに好きなパンを乗せてカウンターに持って行き、その代金+525円で、奥のイートインでのスープやフレッシュジュース、珈琲、紅茶などのドリンクが飲み放題というシステム。

お店の天井がすごく高くて、内装もケースもイスもテーブルも、ついでに言うと売ってるパンやケーキも全てレトロな感じで、面白かった。
イスがやたらデカくて、そこに収まってるスーツ姿(なにしろ面接帰りですから)の私を見てYちゃんは何度も「たいへん申し訳ないけど、こども店長にしか見えない」とウケてました。

2人だったのでカウンター席にしたのだけど、当たりだった。

フレッシュジュースの制作工程を目の当たりにできたので。
いまどきのお店の厨房とカウンターのイメージとは違います。
なんていうか、カウンター席から俯瞰できるのですよね、制作工程が全て。
パンやケーキは別な場所で作っているのですが、フレッシュジュースはそこ。
匂いや湯気やジューサーの音も全てこちらに届いて、本当に面白い体験でした。

正直、パンを特に美味しいとは思わなかったのだけど、なつかしかった。
陳腐な感想ですが。

そのときは、あまり自覚はなかったのだけど、今思うと、すでに風邪をひきかけていたのかも。
モリモリ食べたという印象がない。

今度、リベンジしよう。
なるべく早い時期に。
[PR]

by kuni19530806 | 2013-02-28 23:30 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/17390335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 笑い三年、泣き三月。 病院に行く >>