寝ても覚めても   

柴崎友香著『寝ても覚めても』を読む。

各方面から「柴崎友香が好き」もしくは「柴崎友香が気になる」という声を聞いていたので、読んでみたいとずっと思ってました。
「読んでみたいとずっと思ってた」というのは、言い方を変えれば、「読みたい気持ちはあったものの、読まずにずっときた」ということです。
若い女性作家(「若い」はあくまで自分基準)の新規開拓にはけっこう慎重な方かも。
波長が合わない可能性高くね?とか思ったりして。
四の五の言わずとりあえず1冊読んでみればいいじゃん、と思わないでもないのですけど、それでなくても読みたい本がいっぱいあるのに、また増やさなくてもいいか、とも思う。
どんどん新しい作家を開拓し陣地を増やしていく(?)人はすげえ!と思います。
いやホント。

う~ん。
読み手を選ぶ小説だなあ。
いろんな小説があっていいし、ヒロインの価値観(倫理観?)にケチをつけたい小説なんて山ほどあるし、つまらないわけではないのだけれど、とにかく疲れた。
特殊なコイバナ以外には私はあんまり人の恋路に興味がないからかなあ。
つかみどころのない麦(ばく)という男と付き合って、予想どおり麦はいなくなり、その後、亮平という、今度は実在感のある、でもなんと元カレ麦にそっくりな新しい恋人ができるという、とりようによっちゃあ「かなり特殊なコイバナ」なんですけどね。

小説の進め方が斬新です。
あ、実は斬新なのかどうかわからない。
最近はこういうの多いよ、なのかもしれない。

疲れた小説ではありましたが、ツボも刺激されました。
人間は矛盾だらけで、整合性なんてとれてない言動や思考の積み重ねで形成されているよなという部分では共鳴できた。
この小説は、丸ごとオープンエンドっていうか、結果や結論はもとより、経年や経過や背景もほとんど描かれていなくて、それを読み手の想像力に委ねるというより、「恋愛にしろ、仕事にしろ、自分の居場所にしろ、確かなものなどないし、エピソードを羅列したからといって、それでなんらかの傾向を導き出す公式やベクトルすら存在しない。だから小説はその断片を切り取って見せるだけ。それ以上、なんかいる?」みたいな、書き手を突き放した意思みたいなものを感じて、それを面白いとは思いました。
サービス精神旺盛な小説ばっかりじゃなくてもいいと思うし。
でも、その断片自体にあまり興味が持てなかったせいか、疲れた。

この人の違う小説、もう1個だけ読んでみることにしようっと。
a0099446_1530365.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2012-12-27 23:29 | 読書 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/17064353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今年もよろしくお願いします 解錠師 >>