僕らの音楽   

10月も終わりだー。
今年もあと2ヶ月。
2ヶ月!?
本当に秋以降の「年内」は駆け足。
しかも加齢と共にその脚力(だけ)は増してる。
とにもかくにも、日没時間と比例するように1日そのものも短くなっている気がする。

「僕らの音楽」を見る。
小泉今日子に興味があるのだ、私。
若い頃はなかったんだけどね。
前にもどっかで書いたかもしれないけれど、過剰なくらい自分の年齢を前面に出すその姿勢に興味があるのかもしれない。
自分も、包み隠さず加齢していきたいと思っているから、かも。

あ、前に『原宿風景』という彼女の本を読んで、自分はこんな感想を書いてた。


この本の彼女を見て、「キョンキョンも老けたな」という感想を持つ人は老若男女を問わず、多いかもしれない。
ライティングの工夫ができなさそうな屋外撮影写真が多いし、過剰な修正、加工もされてなさそう。
特に表紙の写真は、まるであえて若くなく写っている写真を選んだ感じさえします。
そこにも、自分を客観視、必要に応じては「自分は40代だ」を強調し過ぎる主観視(?)、が感じられます。

以前、なにかのインタビューで彼女は、芸能人のわりにお肌の手入れが無頓着で、それを人に指摘されても何もしなかったと言い、その理由として、「ちゃんと年相応に老けていけばいいじゃんと思ってた。それに、タバコを喫っている自分がお金をかけてお肌の手入れをするのってなんだかおかしな話だと思えて、エステとかに行けなかった」と告白してました。
それを読んだとき、この人はかっこいいな、と思いました。
なにも、正直だから、潔いから、かっこいいわけではありません。
いや、確かに正直さ、潔さはかっこよさに繋がるかもしれませんが、底辺に「まっとうな価値観や羞恥心」あってこその正直さや潔さ、じゃなきゃ、それこそ、元アイドルのあけすけな自作自演の暴露本が皆かっこいいってことになっちゃう、とでもいうか。
上手く言えてませんね。
結局、人としてのバランス感覚、に集約されるのかもしれません。


2年前の文章だけど、今の自分より全然上手く言えてるよ、と自分に突っ込んだりして。
・・一人芝居。

自分が書いた「まっとうな価値観や羞恥心」にオフィシャルな定義などない。
でもきっと、人それぞれにはあるのだ。
周囲の人や環境や状況や体調なんかで多少ブレつつも。
まっとうじゃなく見える人にもまっとうな価値観や羞恥心はある、と思っていると、けっこう面白い。

久々に見た(テレビでだけど)小泉今日子さんはやはり年相応に加齢街道を進んでいました。
でも、悪くなかった。
「優しい雨」も聴けたし。
私にとっては往年の名曲です。
そうか、1993年なんだー。
中井貴一が、松田聖子も老眼が始まっていることを暴露しててちょっとビックリ。
いいのか、言っちゃって。

貴一曰く、小泉今日子さんはアドリブの天才だそうです。

最後から・・というドラマのスペシャル版が見たくなりました。
[PR]

by kuni19530806 | 2012-10-30 23:02 | げいのうじん

<< そろそろ旅に のろのろ歩け 慢慢走 man ... >>