南極料理人(二度目)   

CSをつけたらたまたま『南極料理人』が始まったので見ました。
最初に見たときは、あの場所が南極であることに何の疑いも持たず、日本から遠く離れた極寒の地に自分も思いを馳せながら見たものですが、その後、この映画に参加し料理を担当した飯島奈美さんご本人から「ロケ地は北海道だった」と聞いてしまい(もちろんそれは極秘事項でもなんでもなく、他でも容易に得られる情報ですが)そうとなればもう自分にはどうしても南極には見えなくて、基地に蔓延している、と描かれている望郷の念、みたいなものも雲散霧消してしまいました。

とはいえ、これが「1回目よりつまらなかった」わけでは全然なくて、今回は密室劇というか劇中劇みたいな気分で楽しめました。
ことさら「劇」っぽいのは、それはもう明らかにきたろう&生瀬ご両人のご尽力だと思われます。
ああ、気楽で面白かった。
a0099446_70246.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2012-05-28 22:57 | 映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/15454571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< さよならクリストファー・ロビン 007 白紙委任状 >>