介護保険ってやつは   

父親の介護保険の申請に行ってきた。
せっかく頑張って早めに家を出たのに、京浜東北線が人身事故で止まってた。
人の命のことなのに、人身事故と聞くと、「っち!迷惑!」としか思わないのってどうなんだろう・・と昔はいちいち引っかかっていたが、いつのまにか引っかかることもほとんどなくなっている自分・・。

父親が居住する自治体の介護保険申請窓口で対応に出てきたのはいかにも新人のイケメン男子で、この人誰かに似てるなあと思ったら、映画「スイングガールズ」の中村に似て蝶だった。
平岡ナントカくん。

まあ、一生懸命であることは認めるけれど、なんだかたどたどしくてよく言えば初々しくて、話しがすんなり進まない平岡くん(じゃないが)。
それでもなんとか「主治医の欄に書くのはかかりつけの医者か、それともこのたびの病気で通院している病院か」と聞くところまでたどり着いたと思ったら、「どちらでもいいかと思います」と言った平岡くん。
私が明らかに不審そうな顔をしたところ、「ちょっとお待ち下さい」と上司を呼びに行っちまった平岡!
もはや平岡と呼び捨ててやる(だから平岡じゃないってば)。

そして結局、ほぼ最初から上司に同じ説明をするはめに。
やっぱりねーだろうと思ったー。

申請が終わり、今度は支援センターに電話をし「今日、介護保険の申請をしてきたので、ケアマネージャーにケアプランを立てていただきたいんですけど」と、申請窓口で係(平岡じゃなく上司の方)に教えられたとおりのことを申し述べたところ、電話口の女性は「申請が受理されなければケアプランは立てられません」とケンモホロロ的見解。
あんた、何言ってんの?的言い方でした、マジで。
で、これこれしかじかと申請窓口のやりとりを説明したところ、「あ、ちょっと待って下さい」と保留音(パッヘルベルのカノン)さんに代わり、その後出た本職(?)のケアマネージャーにまたまた同じ説明をし、話が通じました。

別にいいんですけどねー。
支援センターで最初に電話に出た女性以外は感じが悪いわけじゃなかったし。
でも、いくら新人だったり単なる電話番の人だったりするのかもしれないとはいえ、1人の人間(私)に対して業界関係者が誤った情報を2回も提供してしまうことって、この制度がわかりづらい証拠なんじゃないのかなあ。
私なんて素直ですから、もし支援センターになんの後ろ盾もなく丸腰で問い合わせて、「申請が受理されないとプランは立てられない」と言われたら、それが正しいと思っちゃうもん。

こう言っちゃなんですが、素人がとりあえず「手続きがめんどくさい」と思う公的制度や仕組みって、それに関する専門職を作る、もしくは増やすためにわざとめんどくさくしてるんじゃないの?

ちなみに、知り合いに50代の整形外科医がいるのですが、その人も介護保険に関して全く誤った情報を私に提供していたことが今日わかりました。

介護と医療って、近いようで実は遠い業界なのかもしれませんが、遠くちゃダメだろ、と思います。

ああ、疲れた。
[PR]

by kuni19530806 | 2012-04-27 22:35 | その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/15155366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< すべて真夜中の恋人たち 風が強く吹いている >>