3月の所信表明   

三寒四温とはよく言ったもので、このところ寒暖の差が激しくてついていけない感じ。
もっとも、まだ五感二温ぐらいですけどね。
・・一応、出典(?)に沿って「足して七」にしてみました。

花粉症は今年もしっかり始まり、今日から目のかゆみも本格化してきました。
花粉症になると目鼻の症状だけではなくずっと頭が痛いし、これから二か月の自分は人間性も含めて機能低下モードです。
花粉症じゃなくても低レベルの機能なんだけどさ、これからしばらくは大手を振って間違いをしでかすぞ、と開き直ってみる。

それにしても3月です。
たぶんこれから生きている間ずっと、3月は特別な月になるのだろうなあ。
平成になってからこっち、自分にとって2月の最後が特別な日でした。

私は深く考えずに勢いで行動してしまう傾向がある・・以上に、なによりそれを自分に許す甘さが顕著です。
しかも目測まで甘い。
なので、自分が覚悟しているより多くの後悔だらけの日々を過ごすことになるのですが、今までの人生のほぼ半分の時間の後悔はこのときから始まりこのときに集約されると言っても過言ではなくて、そもそもそのせいで、その後はいくら間違ったり失敗しても「たいしたことはない」と思うようになりました、それがいいのか悪いのかはわからないけれど。
でも、さすがにあれから20年以上の時が過ぎ、頭をかきむしるようなことはなくなり、こうして昨日の続きの今日を、とりあえず目の前の現実しか見ない感じで暮らしています。

でも、去年、およそ「たいしたことはない」では済まされないおおごとがあって、それにまつわる弊害が自分がこの世からいなくなっても確実に続くことがわかり、久々に、本当に久々に、目の前の現実よりちょっと先の未来、について思いを馳せたりしています。

実父の病気のこともあるかもしれません。
1975~2005年まではほとんど音信がなく、それ以前も正直、ほとんどまともな会話もなかった、肉親の情が湧きづらい現在80代の父親ではありますが、自分の知る人間があまり未来はないことが確実だと知ると、未来についていろいろ考えたりするものですね。

一緒に暮らしている家族が誰も若くなくて、未来や将来を描きづらい環境(?)で、去年の3月からこっちの日本の現実は、不安や脱力感などなど暗澹たる気持ちになることばかりですが、若くないし、ごく身近に守るべき若い具体的存在のない自分だからこそ、集団ヒステリーの一員にならず、遮眼帯をつけず、具体的に未来を考える層にならなくちゃ、と思ったりして。
この言いぐさ自体、ちょっと抽象的ですけどね。

今後、いろいろなことでものすごおく気持ちが揺れたら、とりあえず、この所信表明(?)に戻ろうっと。
[PR]

by kuni19530806 | 2012-03-01 23:42 | その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/14781808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< こちらあみ子 Twitter考 >>