瞽女唄ライブ   

月岡祐紀子さんの瞽女唄ライブに行く。

会場はとても小さく、すでにイス席は満席だったので、かぶりつきの板の間席に案内される。
瞽女唄はもちろん、生三味線をちゃんと聴くのも私は初めて。

数日前から本格的に私の花粉症シーズンが始まり、今日も薬を飲んでしまったので、実はライブ中に寝てしまうかも、とl危惧していた・・が、全然!
月岡さんの目の前の席という立地条件+引き締まった演奏と唄とトークで、ダレる瞬間は全くなく、心地よい緊張感に満ちた時間だった。
素晴らしかった。
三味線と唄はもう聴き手として感心するばかりだが、まだ30代の月岡さん本体の、落ち着いて臈たけたとでもいうような物腰やしゃべりは、わが身をなさけなく思わせるに充分。
いくら民謡の下地があったとはいえ十代で瞽女唄に魅せられる人というのは、持っているモノが違うのかもしれない。
品というのはそれを意識した人間にのみ宿る、というのをどっかで聞いたが、遅ればせながら自分もちょっと考えるべきか、と思ったりして。
ま、ムリだろうけどねー。

ライブ、無料というのが申し訳なくて、CDを買った。
サインもしていただきました。
[PR]

by kuni19530806 | 2012-02-25 20:31 | 音楽

<< 横道世ノ介 最近読んだ本の覚書 >>