さすが師走   

さすが年の瀬、こんな私でもけっこう忙しい・・気がする。
でも、終了すると片っ端から忘れていくので、忙しいのも忘れるようだ。
なのでうっかり、どんどん予定を入れてヘロヘロになってるここ数日。
一昨日は仕事のあと、松戸まで夫のライブを聴きに行ったら、遠い上に、知らない人ばかりの店で気疲れした上に、ドラムの音がデカ過ぎたせいか、やたらくたびれ、家に帰ったとたん、ぶっ倒れるように眠った。
っていうか、あれは本当にぶっ倒れたのだと思う。

昨日は休みだったが、職場のクリスマス会(行事です)に行き、その後、蔵前のあるライブハウスに知り合いの演奏を聴きに行った。
演奏は良かったし、ゲストで登場した南アフリカから来た女性の歌声はとても美しかったのに、店長が歌の間も含めてずっと大声で常連客とどーでもいい話をしていて邪魔だった。

なんでなのか不可解。
生演奏がB.G.M扱いという認識の店はいっぱいあるし、生演奏が入っている店でも客の大騒ぎはめずらしくはないけれど、店側(しかも店長)がいちばん演奏の邪魔をしている店は初めてだ。
不可解なのは、なんで店長がしゃべっているかより、なんで生演奏を依頼してるか、だ。
ほんとにわからん。

今日は久々に神保町に行ってきた。
三省堂書店に行ったのは久しぶり。
姪の子どもに贈る紙芝居をやっと買ったぜ。
枠だけ夏に誕生日用としてプレゼントして、中身はまだだったのだ。

今日のN響アワーはクリスマス用の特番。
ウイーンフィルの音色は、私のような素人にも豊潤に感じられました。
共演したラン・ランというパンダみたいな名前の中国のピアニスト(北京オリンピック開会式にも登場した有名な人のようです)は、日本のコメディアンがピアニストのマネをしてるみたいな奏法だった。
超メリハリ弾き!って感じ。
N響コンサートマスターの麿さんも登場。
しゃべりだけで麿さんの演奏はなかったので残念。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-12-25 22:58 | その他

<< 浮世女房洒落日記 勝手にオスカー >>