Q健康って?   

よしもとばなな『Q健康って?』を読む。

チネイザンとかホメオパシーとかレメディとかロルフィングとか、要するにボディーワーク?代替療法?の知識が全くない私には、正直ちんぷんかんぷんでした。
何度かネットでそれらの言葉を検索しつつ読んだけれど、この本自体には用語集的なものはないので、不親切な本っちゃあ不親切です。
いちげんさんお断り、もしくは、よしもとばななの世界に傾倒してない人は読まなくていいよ、みたいな。

ただ、根底にある「身体が丈夫なこと=健康 というのではない」という考えにはとても共感するし、その手の施術者というかセラピスト達(中には著者の夫もいます)の話す健康の概念にはいろいろ考えさせられることもありました。
言ってることの意味がわからない箇所も多々ありましたが。

でも、なんといっても、後半の著者の知人の末期癌闘病記は壮絶で凄絶。
ボリューム的にはふつうに単行本1冊にはなるであろうこの手記を、この「健康本」の中に組み込んだのは、よしもとばなな著にするとそれだけ読者が増えるという計算も働いたからでしょうが、こっちはそこまでの手記を読む覚悟ができていなかったので、突如始まったそれは正直キツかった。
あまりにものすごい話で、次から次と危機的状況の描写が続き、でも不屈の精神でその女性「るなさん」は試練を乗り越え続け、一時は余命2週間とまで言われたのにそれでも諦めず、前向きな内容で手記が終わっているので、実はこれは全て著者の創作かと勘繰ってしまいました。
が、さっきよしもとばななさんのブログを読んだところ、先月るなさんに会った話が出てきて、実在する人で現在もご存命なのだと知りました。
それすら創作?と疑うことも可能ですが、そこまではねえ。

とにかく、ものすごい強さ、ポジティブさ、です。
とんでもないコメントをする医者も出てきます。
その内容があまりにすごいことが、フィクションかと思った理由でもあります。

読み終わったら疲れた~。
その証拠に、15時に読み終わって3時間、爆睡してしまった。
起きてビックリした。
a0099446_20505838.jpg

[PR]

by kuni19530806 | 2011-10-15 20:51 | 読書 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/13815796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< あの人の効用 猫 >>