高良クン、串田さん、糸井夫人、その他   

今朝の「あさイチ」は、「おひさま」の和さんこと高良健吾クンどっぷりでした。
彼は数日前、「スタジオパークからこんにちは」にも出てたな。
「おひさま」はもうすぐ終わるというのに、ここにきてのNHKの高良プッシュの理由はなんだ?
いずれにしても、スタこんもあさイチも、女子アナのはしゃぎっぷりはベタでした。
有働さん、「どんな女性が好き?19才年上は大丈夫?」と露骨なピンポイント攻撃に出て、ムリヤリ(?)「20才ぐらい上までOK」というコメントを引き出してました。

高良健吾クンは、私は映画「フィッシュストーリー」で初めてみました。
そして「南極料理人」。
前者はロッカーの役で、ブルーハーツのヒロトを彷彿させる坊主頭と目力と歌唱にインパクト大でした。
後者の「兄やん」もよかったですけどね。

今日見て、声がSMAPの草彅君に似ていると気づいた。
腕相撲が強いのは個人的にポイントが高いなあ。

「おひさま」、ちゃんと見てるわけではありませんが、出ている役者さんの清潔感度が高い気がする。
内容も清潔な感じではありますが、演じ手がこぞって生臭くない。
演じ方も含めて。
いちばん生臭いのは、現代の陽子さん(若尾文子)の話を聞く斎藤由貴かも。

ヒロインの舅役の串田和美さんは、自由劇場の頃から知っていますが、今はこういう方向の役をやるんだねー。
確かもう70才ぐらいなんじゃないかなあ。
30年ぐらい前に40才ぐらいだったはずだから(←なんだこの注釈は)。

一時期、「ロバート・デ・ニーロを日本人にしたら串田和美」と思ってましたが(演技力とかではなく、顔とか声の雰囲気)、善人が似合うなあ。
確か、孫一さんの息子だよね。

樋口可南子さんは相変わらず「凜としてる」という形容詞がお似合いの美しさだ。
糸井夫人っていうのが微妙だけど!?

a0099446_14423120.jpg


婦人科健診の結果が来て、異常なしでホッとする。
実は何年も受けていなかったので、ちょっとドキドキだったのだ。
今年はピンクリボン(乳ガン検診推進)の10月を心穏やかに過ごせます。
去年まではちょっと責められてる感があった。
毎年受けてれば手遅れにならなかったのにねーというシチュエーションを妄想したりもして。
そういうこと、現実にいくつか知ってますしね。
だったらちゃんと毎年受診しろよ、ですけど。
なかなかねー。
ガン健診って苦痛な過程が必ずある。
消化器健診ももうすぐだ。
気が重い。
早く錠剤式胃カメラが一般的にならないもんかな。
[PR]

by kuni19530806 | 2011-09-09 14:37 | テレビ

<< 特別な時間を生きるということ パパは今日、運動会 >>