フシギ   

このところ、姪(夫の姉の子)Yちゃんとその長男Rクン(まもなく2才)が我が家に来ることが多く、叔母さん(且つ大叔母さん)はなかなか体力勝負の日々なのだ。

先日もYちゃんに急用が出来て、夜3時間ほどRクンを預かったのだが、まー疲れた!
孫のメンドーを見始めている同世代のみなさま、本当にお疲れ様です!

夫と知り合った頃のYちゃんはちょうど現在のRクンと同じ年頃で、その頃のYちゃんとRクンが本当にそっくりなのだ。
親子だから当然、で済まされないくらい(?)、表情やしぐさが相似形。
遺伝子ってオソロシイ。

そんなRクンと遊んでいると、30年近く前にタイムスリップしたとしか思えない瞬間が多々あって、SF気分なオレです。
本当にフシギな感じ。
ちょっと調子に乗って、その後、照れてニコッとするところとか、リアクションもそっくりなんだよなー、この母子。
デジャブです、もう。
こうなると私の内側も30年前に飛んでしまって、違っているのは自分の外見だけ?みたいな。

なんだか、うれしくて寂しい。
またあの頃の気持ちを思い起こさせてもらえるのはとてもシアワセなことだけど、自分も周囲ももちろん変わっていて、そのことがあたりまえに寂しい。。。

とか、書いてる場合じゃないや。
今日は遅番なので、これから出勤なのだ!
[PR]

by kuni19530806 | 2011-07-09 10:29 | その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/13048311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 日曜の夜のテレビといえば 高野秀行さん講演会 >>