小島一郎、名前は平凡   

自分で言うのもナンですが、先週はよく働いたなあ~。
まあ、昨日今日とちゃんと連休しているわけですから、単に「月~金までの通常5日」でしかないわけですが、今の職は基本的に5連勤はないので(雇用形態の都合で、こっちが「5連勤はイヤだ」と言っているわけではない)、平日のフル出勤はめずらしいのです。
しかも、連日フル稼動。
気遣うこともいろいろあったりして。
ジンマシンは治らないし。

昨日、近所のアレルギー専門医に行ったら、そこは小児科も併設しているせいか、待合室に入りきれない患者が外まで溢れていました。
なので諦めて、先々週行った皮膚科にまた行きました。
こっちも混んでましたが、外までは溢れてませんでした。
結局、原因は特定されず、薬が増えただけです。
ホルムアルデヒドだの古い本の揮発剤だのストレスだの疲労だの更年期だの、とにかく容疑者が多すぎて、しまいには「複数がバッティングしてるのかも」と言われました。
はあ~。
目周りの腫れが少し落ち着いたと思ったら、全身がチクチク痒くなりました。
腹回りには発疹も。
ダニかな。

とにかく、仕事の忙しさの元凶はマニュアルづくりです。
なんで、このオープン前のクソ忙しい時期に、業務委託スタッフ向けの詳細マニュアルを全部俺達が作らなきゃなんないんだよっ!!という話です。

そんななか
正月の中学の同級会のお知らせハガキが来ました。
私達のクラスだけのHPがあることにビックリ。
卒業アルバムの3年2組のページが丸ごとアップされてる!!
ひゃあ!
卒業アルバムと今の自分の髪型がほぼ同じってとこに苦笑。

このところの目周りの腫れで、髪の毛がまぶたに障ると痒いのでイライラして自分で前髪を切ったら切りすぎました。
今はビジュアルよりイライラ解消が優先!と開き直るしかなく、周囲には「年とった中学生」と自己申告していたのですが・・実際の中学生のときも同じ髪型をしてたよ、私。
まさに三十数年の時をかける少女だ。

とほほ。


昨夜のBS「男前列伝」で見た写真界のミレーと呼ばれた津軽の写真家小島一郎の写真はちょっと衝撃でした。

a0099446_1555361.jpg

a0099446_1556562.jpg

a0099446_15564628.jpg


39才で亡くなった本人はいわゆるハンサムさんですが、彼の「写真家になるために必要なのは、作品を多く撮ることではなく、よい魂の持ち主になること」(うろ覚え)という言葉がかっこよかった。

a0099446_165507.jpg


22日と24日も再放送するそうですので、興味を持った人はご覧下さい。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-11-21 15:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/11597046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 睡の魔に取り憑かれる 世界が生まれた朝に >>