異国トーキョー漂流記   

高野秀行著『異国トーキョー漂流記』を読む。

a0099446_23525423.jpg


著者の肩書は辺境ライターだそうです。
現在、間借りをしている仕事場の企画担当の女性に「タカノヒデユキさんに講演会を頼もうかなと思ったりしてるんだけど、マツモトさん、知ってるでしょ」と言われました。
「知りません」と返すのが申し訳ないくらいに、当然のように言われました。
「知りません」と言ったら、案の定、がっかりされました。

そういう経緯でこの本を読んでみることにしました。

いや~、すっごく面白かったです。
今まで知らなくて、先日「知りません」と言って、とにかくすまなかった!と各方面(?)に謝りたい気分です。

これは、著者曰く<東京を旅して出会ったヘンな外国人の話>です。
そしてこの本のタイトルの意は、前書きによれば、著者が高校時代、近所にホームステイしていたアメリカ人の女の子の東京案内をした際に感じた<そのアメリカ娘と一緒にいると、見慣れた東京の街が外国に見えるのだ。漢字と仮名とアルファベットがごっちゃになった猥雑な看板群。くもの巣のように空を覆う電線。機械のような正確さと素早さで切符を切る改札の駅員・・・・。
これまで毎日のように目にしていたもの、だけど何とも思わなかったものが、ことごとく違和感と新鮮さを伴って、強烈に迫ってくるのだ。
「これはいったいなんなんだ?」と私は思った。
どうもアメリカ娘の感覚に自分の感覚が同化してしまうようなのだ。
そのとき、私の目に映ったのは東京ではなく、異国「トーキョー」だった。>
だそうです。

私は外国人を東京案内したことはありませんが、この感覚はすごくよくわかります。
その時点で、この本は私にとって「当たり」と決定したようなものですが、本文もめちゃくちゃ面白くて、一気に読み切りました。

いいなあ、この人。
ある意味、私の理想ですね。
同じ「冒険家」でも、もし石川直樹さんと実際に会ったら緊張しちゃいそうですが、高野秀行さんとなら初対面でも楽しく話せそうな気がします(勝手な妄想)。

8章あり、どれも面白いですが、「百一人のウエキ系ペルー人」と「トーキョー・ドームの熱い夜」は印象的。
特に、盲目でプロ野球好きのスーダン人との交遊を描いた「トーキョー・ドームの熱い夜」は傑作だと思います。
どう傑作かとというと・・・全部!?
とにかく、ご一読をお薦めします。

ちなみに、高野秀行さんはずいぶん前から、中島京子さんは国民的作家になると予言していたそうですが、私もかなり早い時期から中島京子さんに目をつけていた(?)ので、そこでもシンパシーを感じたりしています。
だからどうってことでもないですけどね。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-10-08 23:52 | 読書

<< 実験4号 社会復帰中 >>