社会復帰中   

チチカカ湖、アップしました。
そんなことがあっていいのか!?の驚きの内容です。
仕事には責任が生じるという、あたりまえのことをあらためて考えさせられるなあ。

前の職場のオトモダチと新宿でランチ。
私の社会復帰も着々と進捗中です!?
待ち合わせ前に、伊勢丹のちふれに寄りました。
あの、全国地域婦人団体連合会(不確かな記憶)でおなじみの化粧品メーカーです。
ここの化粧品はお値打ち価格で有名ですが、@コスメでの評判はおしなべて良好。
ちょっと生協的な印象があるかも。
でも最近はモデルのりょうさんをキャラクターに起用したりして、従来のチープ&生協ちっくなイメージを払拭させる作戦に出ている気がします。
りょうとちふれって、意外な組み合わせな気はしますけどね。

ちふれの中でも、ちふれブランドの化粧品はほとんどのドラッグストアやスーパーで売っていますが、ちふれの中の高級ブランド「綾花」だけはデパートじゃないと買えません。
高級ブランドとは言ってもちふれ的に高級、で、お値段は千円台~2千円。
上限は4千円台のクリームです。
資生堂やカネボウのセルフブランド(スーパーやDSで気軽に自分で選べるちょっと安めの化粧品。アクアレーベルとかフレッシェルとかエビータあたりですか)とほぼ同じ価格帯です。
私はけっこう綾花好きなので、「綾花もDSに置いて欲しい!」と声を大にして言いたいのですが、ちふれにはちふれの都合があるらしい。
なので綾花は都心に行ったときに買ってくることになります。

でも、以前もここで書いたかもしれませんが、デパートのちふれブースって、わざとみたいにわかりにくい場所にあるんですよね。
ふつう、デパートの化粧品コーナーといえば1Fと相場が決まっているもんですが、ちふれはその括りに入れてもらえないんだか、あえてなのか、単に出費の問題か、たいてい、上階のタオル売り場かなんかの片隅にちょこんとあります。
ハウスオブローゼというブランドもちょっとそんな感じですが、HORはタオルやハンカチに囲まれているのが妙に合ってる。
ちふれには特にマッチしてません。
しかもちふれブースはとても小さく、下手すりゃフロア案内図に載ってなかったりするので、ホント、探すのに一苦労なのです。

でも新宿伊勢丹のちふれブースは今回が二回目なので場所は把握しました。
5Fの片隅にあります。
デパートの模様替えはけっこう頻繁なので、変わらないことを願います。

気の置けないメンバーとのランチは楽しゅうございました。
現在の私の仕事の状況や雰囲気を知っている人に気兼ねなく愚痴をこぼせるというのは本当にありがたいことだ。
めんどくさくなりそうで、やたらな人にはやたらなことを言えないんで。

カラオケにも行きました。
3時間コース。
でも誰も歌いませんでした。
イベントを控えているオトモダチのリハーサルの立ち会いとおしゃべりで3時間があっという間でした。
カラオケ館はトイレが寒い!
冷蔵庫だ!
[PR]

by kuni19530806 | 2010-10-07 23:53 | お出かけ

<< 異国トーキョー漂流記 1980年頃のベストバラード >>