捻挫ではなく人生初の・・・   

前回の日記のコメント欄に「夏風邪と足の捻挫のダブルパンチで3日間臥せってました。」と書きましたが、捻挫ではありませんでした.



骨折でした。。。
今日、判明しました。
人生初骨折!
ただ歩いていただけなのに。
そりゃあ、踵のあるサンダルを履いていた私はイケナイけれども。
だってあんんまり暑くてさ。
ついサンダルを選んじゃったのよ。
そのツケが全治1ヶ月とはね。。。。

夏風邪がキツかったので足の方の病院には行かなかったんですよねえ。
で、風邪が快方に向かったら、なんだか足もラクになった気がしてました。
まさか折れているとはねー。

昨日から仕事に行ったのですが、仕事中も特に痛みが増した自覚はなく、ただ、夕方になったら足がやけにむくんでいました。
それでなくても内出血でどす黒い足なのに、それが膨張して、かなりのビジュアルになっていました。
目撃した周囲の方々に「うわっ!なにそれ!?」「それは出勤してくる状態じゃない」「病院に行ってないなんて!」と口々に驚かれ叱られました。
隣の席の人にちらっと開陳しただけのつもりだったのに、気がついたら10人ぐらい集まっての合同見学会状態。

最後はなぜか「こんなにひどいのに一日中一言も『痛い』と言わなかったマツモトさんって頑張りやさんなのねー」みたいな空気になり、“頑張りやさん”と真逆な私は「もう勘弁して下さい。わかりました。行きますよ。病院に行けばいいんでしょ」と逆ギレみたいな状況になり、今日、しょうがなく整形外科に行くことにしたのです。
そしたらまさかの骨折宣告。

8月2日にオープンしたばかりの病院に行ってみました。
整形外科と内科とリハビリが診療科目で、家からはちょっとだけ離れています。
なぜそこに行ったかというと、もちろん物珍しさもありましたが、最近、画像診断技術がとても進化していると噂に聞いていたので、どうせレントゲンを撮るだろうから新しいところならそれを目の当たりにできるかなという下心。

今ではもう一般的でしょうが、夫の母の通院付き添いで最初にレントゲンの画像をパソコンの画面で見たときは、世の中も変わったもんだなあと感じ入ったものです。
あの、大判のレントゲン写真が院内を経由して診察室に届き、医師がもったいぶって専用の蛍光灯内臓の壁にそれを貼り付け病状の説明をする、という一連のお約束の流れはもう過去の遺物になるんだなあと。

今日のところももちろんパソコン閲覧方式でした。
画像はめちゃくちゃ鮮明です。
自分の足の骨格がクリアに曝されて恥ずかしいほどです。
折れた部分は拡大され、いろんな角度からこれでもかと見せつけられました。
もういいよ、わかったよ、みたいな気分に。

診断の後はリハビリルームで、腫れを引かせるための電流をかけられ、四肢ギプスシーネというものを装着しました。
簡易ギプスって感じでしょうか。
折れたのは左足の甲の外側の、小指とくるぶしの間ぐらいの位置の骨なのですが、ギプスでふくらはぎから足先まで大々的に覆われました。
でも、いわゆる「ギプス」のイメージのあのガチガチタイプではなく、石膏で固まっているのは足の裏側半分だけで、それをテーピングで固定する方式。
完全ギプスだと血液の循環が悪くなるし、歩きづらいから、だそうです。
でも、完全固定の方が骨の治りは早いかも。

簡易タイプはある程度可動範囲があるので、松葉杖なしでも歩行できます。
ただし、当然ふつうの靴は履けませんし、サンダルも不安定。
帰りは、病院のスリッパを借りてつぶしてその上に足を乗せ、テーピングでぐるぐる巻に固定して来ました。
デスクワークならしてもいい、とのことでしたが、問題は通勤だなあ。
中敷きを買ってきて、それをテープでギプスに括り付けるか。

それにしても
今日の一連の処置をしてくれた技士の人(お笑いのフォーリン・ラブというコンビの男性に似て蝶)の「この骨折の状況だと全く歩けない方も多いですよ。我慢強いですね」というコメントは、誉め言葉なのかエールなのか脅しなのか。
まあ、どれでもいいけど、しばらくうっとうしい日々は続きそうです。

昨日、ジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライムシリーズの新作(去年出たものですが私にとっては新作)を入手できたので、それでも読んでゆっくりするか。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-08-07 21:51 | その他 | Trackback | Comments(9)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/11096589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まゆみ at 2010-08-08 11:15 x
こ、こ、こっせつぅ!? ギプス暑そうだし、不便そうですが、まじお大事に。
年齢とともにやっぱり骨も軟弱になってるのかなあ。そういえばちょっと昔に売っていた「鉄骨飲料」ってもう売ってないのだろうか。骨も鍛えないと、と思うと忙しいね、中高年は。
Commented by マツモト at 2010-08-08 12:26 x
こっせつってインパクトあるよねー!?
ねんざより格上感あるでしょ。
私も昨日聞いてびっくらこいたよ。

ギプスの暑さはさほど気にならないけど、そう、とにかく不便です!
あまり痛くないから言える不満かもしれないけど。

骨は加齢で軟弱化するんだろうね。
それでなくても骨細だからさ、私。
骨太だと気にする女子は多いけど、中年になったら骨太バンザイだと思います、実感。
Commented by かつかず at 2010-08-08 14:24 x
エ~骨折!捻挫じゃなかったんだ。皆に言われてからでも病院に行って良かったわね。暫くはオトナシクして。
私が骨折した時、骨太なのにと呟くと「太さと骨密度は関係ありません。」と、医者に冷たく言われました。
Commented by きらら at 2010-08-08 14:58 x
このブログの1ファンのきららです。

骨折お見舞い申し上げます。
大変ですね。
私も数年前、駅の階段で2段足を踏み外して骨折しました。

暑い季節で何かと大変だとは思いますが、冬より治るのは早いと思います。
お大事にして下さいませ。
Commented by Y子 at 2010-08-08 16:25 x
びっくりしました。
大丈夫ですか!!??
お互い、ムリがきかないトシになったってことでしょうか。
お仕事も何だかとても大変そう。
本当にムリしないでねっ!!
Commented by マツモト at 2010-08-08 16:40 x
>かつかずさま

そうなんですよ。
なんと、骨折でした。
・・そうですか、骨太、骨細は関係ないんですね。
とりあえず、ムダな抵抗かもしれないけどカルシウムを摂ろうっと。


>きららさま

初めまして。
お見舞い、ありがとうございます!

駅の階段、鬼門ですね。
私も気をつけねば。
そうですか、冬よりは治りが早いのですか。
そう言っていただけるだけでとても心強い気がします。
Commented by マツモト at 2010-08-08 16:42 x
>Y子さま

ううう、ありがとう。
そうなのよ、ムリがきかないトシのよ。
そちらも暑いと思いますが、体調に気をつけて下さいねー。
Commented by なお at 2010-08-15 10:57 x
遅ればせながら、お見舞い申しあげます……。

後学のために?ききたいのですが、歩いていてグリッとねじって捻挫みたいになって、それが実は骨折だった、という感じですか? 骨折って激痛で、吐き気までしてくるってきいてたんですけどそうでもないこともあるんですね。
わたしは、はかったことないけれどたぶん骨密度はそうとう低そうなので、いつ骨折してもおかしくない気がしていて。

自由に動けないとなると、ストレスもあるでしょうし、精神的なダメージもあることと思いますが、あせらず、ゆっくりして、乗り切ってくださいね。マツモトさんなら大丈夫と思いますが。
Commented by マツモト at 2010-08-15 15:13 x
ありがとうございます。
なおさんこそお大事にして下さいね。

私のうすらとんかち骨折の経緯が参考になるかはわかりませんが…。
経緯はおっしゃるとおり。
グリッとねじって捻挫みたいになって、それが骨折だった。
まさにそれです。

私も、骨折は激痛が伴うものと思っていたので、まさか折れているとは思いませんでした。
夏風邪を同時にやっちゃったので、そっちの熱や頭痛、ノドの痛みの方に気をとられていたのかもしれませんが、足そのものは、寝ている分には全く痛くなかったんですよね。

ただ、歩くのは大変だったし何より風邪の症状がキツくて、すぐに医者に行かなかった、そこは後悔しています。

「足を挫いたらとにかく病院でレントゲンを撮ってもらう」
これが鉄則ですね。

思うように動けないのは本当にうっとうしいですが、気長に気楽に養生します。

なおさんこそ、治りかけが肝心ですから、フライングせず、きちんと完治させて下さいね。

<< 骨折ってヒマだし ハイセンショリと喫茶店考 >>