VLOOK再登場!   

前職で培ったExcelのスキル(!)が今の仕事で役に立っています。
以前から私の日記をお読み下さっている方にはおなじみの、私が以前、前の会社で泣きながら覚えたことで有名な(ウソ)あのピポットテーブルやVLOOK達です。
特に、VLOOKUP関数は、既に発注している本をダブって選んでいないかチェックするのに不可欠です。
すぐれものです。
現在の私は、もうこれなしでは選書作業は考えられない、これを使っていない人はどうやっているの?と心配になるぐらいのレベルのVLOOK信者、ヘビーユーザーです。

思えば10年前、家のMacから転職先のWindowsへすんなり頭を切り替えることができず、しかも工場の生産管理部門のデータ作成という部署に配属され、本当に苦労しました。
最初は右クリックもわかりませんでした。
範囲の指定と移動の違いもあいまいでした。
でも5年近く在籍したその中盤ぐらいからは、データや作成するグラフが複雑になればなるほど面白いぐらいになりました。
一部の関数も使えるようになりました。
が、5年前に図書館に出戻ってからはそのスキル(!)を活かす機会はなく、たまに広報紙で、誰にも依頼されていないのに勝手にグラフを作成してひとり悦に入るくらいでした。
せっかく覚えたことも忘れるばかりだ、とちょっと残念に思っていました。

そして今。
確かにいろいろ忘れてました。
そもそも、VLOOKがなんの機能かすら、しばらく思い出せなかった。
Excelもバージョンアップしていて、現在のモノは私には使い勝手がよろしくなかったりします。
でも、ちまちまとデータを加工したりする作業はわりと好きだったということを徐々に思い出してきました。
今回はグラフまでは求められていないのが物足りませんが。

ただ、私のパソコンの知識はとても偏っています。
前の会社でやった以外のことは何も知りません。
知っていることがピンポイント。
本日も、現在の職場付近でイチバンのパソコンマスターの職員に「VLOOKが使えるの?」ととても驚かれました。
それはきっと、わたしがふだん、ものすごくしょーもないことをその人に聞くからです。
「パソコンが立ち上がりません」
「保存したつもりなのに、ない」
みたいな。
まあ、知識がまんべんなくあって、ある分野だけ知らない、というより、知識がまんべんなくなくて、ひとつだけ知ってる方が自分っぽい気がしないでもないので、いいか。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-07-15 22:17 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://giana.exblog.jp/tb/10982821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 登山口発見!(今頃?) 赤坂図書館に行く >>