家人の捻挫と自分の腰痛   

プチご無沙汰しておりました。

夫の母が捻挫してしまったので、主婦アシスタント→主婦 に思わぬ昇進をしまして、忙しくしていました。

あっけなく音を上げてます。
恒例の花粉症発症でヤクにやられていることもありますが、自分も腰痛になっちって。。。

母は雛祭りの日に捻挫したのですが、足の甲がかなり腫れてしまい、当初は全く歩けず、病院に自力で行くのも到底無理だったので、近くの外科から車イスを借りてきました。
その病院、車イスは久しく使用していなかったとのことで、旧式でしかも錆が浮いてるような代物。
私は車イスを押した経験はけっこうあります。
でも、その旧式を見て初めて知ったのは「今まで私が押してた車イスは最新鋭、しかも特注だった!」ということ。
力は全く要らず、それはそれはスムーズに動く上に、小回りも利く車イスでした。
病院から借りてきた車イスを家に持って行って、夫の母を乗せてストッパーを解除したところ、これがスムーズに動かない。
その時点で私は気がつくべきでした、「ヘンじゃない?」と。
でも、「そうか、自分が知っている車イスとは違うんだ。そのへんの車イスは人を乗せたとたん、こんなに重くなるものなんだ」と思い込んでしまった私は、うんしょうんしょと、徒歩2~3分の道のりを、それはそれは必死で押したわけですよ。
ここで「重い!キツい!」などと言おうものなら、それでなくても車イスに乗ることを申し訳なく思っている母がますます気にするので(ちなみに母は痩せています)なんでもないふりを装って。
で、病院に着いてやっと気づきました、ストッパーを半分かけたままだったことを。
3段階ストッパーだったことを知らず、母を乗せたとき、ちゃんと解除しなかったのです。
どうりで重いわけだ。

実際、翌日、足腰が筋肉痛になるぐらいの、ハードな筋トレレベルの車イス押しでした。
腰がつらい、とリアルタイムでも感じました。
で、3日の夜は、筋肉痛防止とばかりにけっこうキツめのヨガをやってしまったんですよね。
ぐいぐいと。
腰のだるさも治るかと思ってさ。
そしたら、右腰を痛めたようで、日ごとに違和感が増し、現在は半年前の坐骨神経痛のときに購入したコルセットのお世話になっています。
翌日も頑張って動かしてしまったんですよね。
軽いストレッチぐらいにしておけばよかった。
腹筋とかねじりとかもガンガンやっちゃったんだよなあ。
いつも、やる過ぎちゃうんだよね、私。
くしゃみすると腰に響くし、昨日今日は仕事も繁忙モードだったし、なんだか疲れた。

寝よ。
[PR]

by kuni19530806 | 2010-03-07 22:02 | その他

<< 丸の内に行って考える 春の珍事 >>